寒い国の乾燥対策、なにしてる??


yjimageRCVI57SV

今年は暖冬だと言われていますが、先日は大寒波が日本にもやってきましたね。

寒くなると気になるのが『乾燥』。

インフルエンザのウイルスなども飛ぶし、何よりお肌がカサカサに!

子どもたちの手や頬もカサカサになって痛々しい姿も見られます・・・

そこでこんな疑問が。

「日本でこんなに乾燥するのならもっと寒い国の人たちはどのように過ごしているのか!?」

と、いうことで、今回は寒い国の乾燥対策をご紹介します!

寒いと体中がかゆくてひどい湿疹が!

では、寒い国に行くといったいどうなるのでしょうか?

マイナス20℃、30℃のロシアに住んでいた経験のある方によると・・・

・下着のゴムなどのところが擦れるところから始まり、どんどん刺激を感じるところが増える。

・シャツのタグや縫い目が痛くて我慢できなくなる。

・皮がはがれやすくなる。

・一日来ていたシャツやレギンスなどを脱ぐとはがれた皮がビッシリ。(毎日脱皮状態だとか)

・腕の内側、内腿などの皮膚の柔らかい部分の毛細血管が内出血する。

・目が以上に疲れる(極度のドライアイ)。

・鼻と喉、気管支が乾燥して痛い。咳が止まらない。

・手が乾燥しているのでちょっと紙に触れただけでスパッと切れる。

などということがあるそうです・・・

室内の湿度が低すぎて測れない!というほど乾燥しているロシア。

日本ではあまり考えられない状況で、なんとも壮絶ですよね。

とにかくクリームが手放せない!

そんな壮絶な状況を脱するために一番いいのは・・・やはりクリーム!

一日中クリームを塗っていないと痛くてかゆくて我慢できないというマイナスの世界。

お風呂上りと朝には必ずクリームで肌のお手入れをするのが必須なのだそうです。

ロシアの人たちも、クリームでしっかりとお肌の手入れをしているのだそうです。

外出する20~30分前にクリームを塗って!

寒さの厳しい冷たい空気はお肌の細胞を破壊してしまうのだそうです。

そして、破壊された部分がしわになるなど、最終的にお肌は『しおれて元気のない状態』に・・・

女性はもちろん、子どもの柔らかいお肌の細胞が壊れたら大変!

それを防ぐためには、外出する20~30分前に、なんでもいいので普段使いしているクリームを顔などの露出している部分に塗るとよいのだそうです。

日本でも、乾燥しやすい方やお子さんは極寒ロシアの乾燥対策を真似て、ぜひ外出前にクリームを塗ってみてくださいね。

(ちなみに、「キシリトール配合」というものが良いそうですよ!)

親子で乾燥対策をして、いつまでもぴちぴちなお肌を保ちましょう♪

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.01.29

Translate »