アメリカ最大の祝日の1つ!サンクス・ギビングデー&ブラックフライデーとは!?


 

o0534040112761639372

さて、昨日はアメリカの『Thanksgiving Day(サンクス・ギビングデー)』でした。

”これが終わらないとクリスマスがこない”

という家庭があるほど、アメリカではとても大切な行事の1つ。

昨日でサンクス・ギビングデーは終わり、今日は「ブラックフライデー」なので、一気にクリスマスモードに突入していきます。

日本のニュースでも取り上げられることもある『サンクス・ギビングデー』や『ブラックフライデー』。

けれど、これっていったいどんな日なのでしょうか?

サンクス・ギビングデーは感謝祭!

これは、アメリカだけではなく、カナダの祝日の1つでもあります。

アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日がこの日に当たります。

この日は、アメリカ・カナダ共に、「普段は離れている家族も含め、全員が1つの家に集まり、一緒に食事を取りながら神々に収穫の恵みを感謝する日」となっています。

日本のお正月やGWに例えられることもあり、お節料理のように、大量の料理を作って、それを何日かに分けて食べる習慣があるようです。

現代では、「たくさんの親族や友人が集まる大規模な食事会であり、大切な家族行事のひとつ」と捉えられているようですよ。

起源は?

サンクス・ギビングデーの起源はどんなものかというと・・・

1620年の11月、メイフラワー号に乗った清教徒が、祖国イギリスから2ヶ月余りの厳しい航海を経てアメリカ大陸(今のマサチューセッツ州プリムス)に、渡ってきた初めての年。新天地を求めてやってきた一団を待ち受けていたのは、厳しい初めての冬でした。

食べるものにも困った一団に、食糧を分け与え、農作物の種を譲って作り方を伝授したり、大自然の暮らしの様々なノウハウを教えたのは先住民であるネイティブ・アメリカンでした。

春がくるまでに半数の仲間を失いながらも、清教徒たちは、先住民にならって勤勉に働き、翌年1621年の11月に、お世話になったネイティブ・アメリカンたちを招いて、初めて収穫した作物や山で獲った野生の七面鳥(ターキー)、そしてタラやマスなど、近くの海の幸を食卓に載せてお祝いの席を開き、友人と神の恵みに感謝(サンクスギビング)した、という史実よるものです。

※出典サンクス・ギビング

このことから、現代の”家族や友人が集まっての食事会。収穫に感謝しながら過ごす、大切な家族行事”という捉え方になっていったのですね。

この日は起源にもあるように、七面鳥(Turkey ターキー)を食べる日であることから Turkey Day (ターキーデー) と呼ばれたりもします。

しかし、1963年頃から、この日に大統領が七面鳥に「恩赦」を与えているそうですよ!面白いですね。

サンクス・ギビングデーが終わると一気にクリスマスへ!翌日のブラックフライデーとは?

サンクス・ギビングデーが終わると、いよいよ本格的なクリスマスへと準備に入ります。

翌日は「ブラックフライデー」と呼ばれ、伝統的に1年で最も買い物が行われるクリスマス商戦(ホリデーシーズン)の開始日でもあります。

また、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日でもあるため、例年お店の 経営が黒字になるのだそうです。

そのことから、サンクスギビングデーの翌日を、「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」と呼ぶようになったと言われています。

この日は1年で1番大安売りをする日であるため、お店には深夜 0 時などから目玉商品や破格の割引商品を求めて、人々が行列を成すのです。

その勢いたるや、日本の福袋商戦にも勝るとも劣らない・・・いや、もしかしたらこちらの方がすごいかもしれません。

(なにせ大量のクリスマスプレゼントを買い占めるので。)

本日はブラックフライデーの日!

(時差を考えなければ)今日がまさにクリスマス商戦がスタートするブラックフライデー!

お店にはきっとたくさんの行列が出来ていることでしょう。

もし、この時期にアメリカに行かれるときには、ぜひブラックフライデーの熱気を体験してみて下さいね!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2015.11.27

Translate »