世界で通じる『自分で考える力』の養い方。


yjimageYI2Q106X
皆さんは、友だち、会社の同僚などに自分の意見をはっきりと述べることが出来ますか?

また、自分の意見をしっかりもち、考えをまとめて話すことが出来ますか?

正直、私にとっては課題になる部分です。

今回は日本人と外国人(欧米人)の意見の捉え方と議論の仕方を検討します。

欧米人は根堀り葉堀り聞いてくる!

自分の経験でもそうですが、海外の方と話していると、日本人同士では聞かないようなところまで、つっこんで聞いてきます。

例えば、日本人では・・・

Aさん:「京都に行ってきたんだ~」

Bさん:「へー!どうだった?」

Aさん:「うん、とっても良かったよ!」

で終わる場合が多いと思います。

ところが外国人では・・・

Aさん:「京都に行ってきたんだ~」

Cさん:「へー!どうだった?」

Aさん:「うん、とっても良かったよ!」

Cさん:「良かったってどういうこと?美味しいものがたくさんあったってこと?きれいな景色がたくさん見れたってこと?・・・」

など、結構細かくつっこんでくるのです。

「週末は何をするの?」

私が聞かれて一番困ったのが「週末は何するの?」という質問。

日本人は、何も予定が入っていないと、「何もしないよ」と答えてしまいがちではないですか?

しかし、これを聞いた外国人の反応はというと・・・

「何もしないってどういうこと?洗濯や掃除もしないの?テレビを見たりしないの?」と質問攻め。

こちらが、「掃除や洗濯はするよ」と答えると、

「じゃあ何もしないわけではないじゃない。洗濯や掃除をするって言えばいいんだよ」との返答が。

”なるほど~!本当に行動そのものを言うんだ!”ととても驚いたのを今でも覚えています。

日本人の”察する”という文化が「理解する」ということを避けている!?

上記のような外国人の行動には、「もっと相手の発言を理解しよう」という聞き手の態度が表れているのですが、日本人のコミュニケーション方法は基本的には「あ・うん」の呼吸がよしとされる”察する”文化です。

そのため、自分や相手の発言について、とやかく質問・確認しない傾向があるのです。

会議の最中に「?」と思っても、口に出さずにそのままにしていたり、ただうなずいていたりということはありませんか?

察するという文化は日本の美点でもありますが、会議や議論の中でもあまり口を出さないということは、『相手の意見を理解したくても出来ない=自分の意見がまとまらない・意見が言えない』ということに繋がるのです。

「意見がまとまらない(もしくは意見がない)、会議でどのように発言したらよいのかわからない」ということになると、将来仕事をする上でも不利になってしまうこともあるかもしれませんよね。

では、海外の方(特に欧米人)はどのように自分の意見をまとめ、伝えているのでしょう?

実は、小学校の時から自分の意見を作る授業が行われているのです!

それらの詳細はまた次回お伝えします。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »