子どもが1日に必要な水分量は○○ℓ!今、スポーツ界でも注目の『ウォーターローディング』とは?


neccyuusyou2

暑さ厳しいこの時期。

体調を崩さないためにも、子どもたちの水分補給に気をつけることはとっても大切ですよね。

しかし、「水分をとって!」と思っても、実際子どもたちにはどのくらい必要なのかご存知ですか?

今日は、1日に必要な子どもの水分量をみていきたいと思います。

スポンサーリンク

子どものは大人よりも水分が必要!

実は、子どもの体は水分が出て行きやすくなっているため、大人以上に水分が必要です。

なぜなら、小さな体に関わらず、大人と同じ数の汗せんを持っているため、相対的に汗をかく量も多くなるからです。

では、具体的にどれくらい必要かという、体重1kg当たりで・・・

・新生児:50~120ml

・乳児:120~ 150ml

・幼児:90~100ml

・学童:60~80ml

このくらいの水分が必要になるのです。

これは、体重1kg当たりの数字なので、例えば、体重20kgの子どもは、毎日1.2ℓ~1.6ℓの水分が必要ということに。

思っていたよりも多くはありませんか?

学童でも大人の倍近くの水分を必要としています。

その一方、成人の場合は40~50mlで充分。

幼い時ほど、たくさんの水分を必要とするのですね!

飲むものならなんでもいいの?

水分補給と聞いて思い浮かぶのは、ポカリなどの清涼飲料水ですよね。

けれど、子どもたちにとって、普段の水分補給にこれらは必要ありません。

一番良いのは、水、もしくはミネラルたっぷりの麦茶です。

冷やしたものは、体を冷やし、夏風邪の原因にもなりますので、常温で飲ませるようにしましょう。

乳幼児に適した飲み物に関しては、こちらの過去記事をぜひご覧ください。

→ 「子どもに適した飲み物とは?その1.」「子どもに適した飲み物とは?その2.」「子どもに適した飲み物とは?その3.」

スポーツ界で注目!ウォーターローディングとは?

ウォーターローディングとは、スポーツの世界で注目されている水分補給方法です。

試合前の一定期間、毎日1~1.5ℓの水を少しずつ摂取することで、体を常に水で満たしておきます。

すると、試合中、発汗により水分を失っても、運動能力の低下を防ぐことができるという方法です。

実はこの方法、スポーツだけではなく、普段の水分補給、しいては子どもの水分補給にとっても、とても良い方法なのです!

医学界でも、脱水を防ぐためには、「”のどが渇いた”と感じる時に水分をとっても遅い」と言われています。

大切なのは、『のどが渇く前に水分を取ること=活動前の水分補給が大切』ということです。

例えば、出かける前、遊びに行く前、寝る前・・・など、コップ一杯(もしくは半分)で良いので、常に活動に水分を取り、体に水を満たしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

子どもは大人よりも水分を必要とすること、その量が以外にも多いことなど、驚くことばかりでしたね!

なかなか毎日1.5ℓの水分を取ることは、もしかしたら難しいかもしれませんが、活動前に水分を取る、

『ウォーターローディング』をぜひ取り入れて、健康な身体づくりをしていきましょう!

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 2015.08.03

Translate »