暑くて眠れない夜も安心!エジプト式睡眠法とは!?


2011120701

暑い季節、夜まで気温が下がらない日もあり、寝苦しくて睡眠不足・・・なんてこともあるのではないでしょうか?

暑いと寝苦しいのは大人だけではなく、子どもも同じ。

なかなか寝てくれない、眠りが浅く、すぐに起きてしまう、でも冷房をかけっぱなしは心配・・・

など、夏の睡眠のお悩みはつきないですよね。

今日は夏の夜でも快適に眠れる(!?)エジプト式睡眠法をご紹介します!

スポンサーリンク

まずは一般的な対処法から

一般的な対処法としては・・・

1.冷房の温度は28℃。体が冷えないよう、2~3時間で切れるようにタイマーをセットしておくのがいい。

2.眠りにつく2時間前には入浴をすませる。(入浴すると覚醒するため)

3.食事は眠る3時間前までにすませる。

4.20時には部屋を暗くする(まっくらより、暖色系の豆電球をつけておくとGood)

5.太陽の光を浴びて体のリズムを整える

など、様々な方法があります。

これらに対し、エジプト式睡眠法は実に単純でワイルド!?な方法なのです!

エジプト式睡眠法はこれだ!

では、注目(!?)のエジプト式睡眠法のやり方とは・・・

1. シーツ(もしくは大きなバスタオル)を冷水に浸し、固く絞る
2. 乾いたシーツをベッドの上に敷いて、その上に横たわる
3. 1で湿らせたシーツを上からかけて目を閉じる

というもの。実に単純でワイルドですね!これなら冷房は必要なし!体が冷えすぎる心配もありません。

もちろん、ここまでやらずとも、タオルを冷水に浸して絞り、体にあてるというだけでも効果的なのだとか。

暑い国エジプトならではのこの方法。

中には応用編として冷水で濡らしたTシャツを着て寝るという方法もありました。

強者ですね・・・

まとめ

熱帯夜になかなか寝付けない原因は”体温が上手く下がらないことによるもの”。

確かに、エジプト式の方法なら、冷房を使わなくとも、体温が下がってよく眠れるかもしれませんね。

体全体ではなく、頭だけを冷やすのも効果的だとか。

みなさんも、暑くて寝苦しい夜にはぜひ試してみてくださいね(*^_^*)

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2015.07.15

Translate »