子どもの日に柏餅を食べるのはなぜ?


今日は端午の節句、子どもの日ですね!

たくさんのこいのぼりが気持ちよく泳いでいるのを見ると、なんだか嬉しくなる私です。

端午の節句といえば、こいのぼりに、兜に、鎧、そして柏餅・・・

こいのぼりは滝を上っていく鯉のように、元気に育ちますように、出世しますようにという願いを込めて。

兜・鎧は災いが外から入るのを防ぎ、命を守る象徴として、男の子を病気や災難から守ってくれますようにという願いを込めて。

でも柏餅は・・・あれ??

ついついこいのぼりや鎧兜、五月人形に目がいきがちですが、この日に食べる柏餅にも、きちんと意味があるのです。122970006_91bc585e54_m

今日はそんな柏餅について、ご紹介していきたいと思います。

古代、柏の葉は神様へのお供え物を盛る器として使われており、そのことから柏は神聖な木と考えられたのです。

また、柏の木は厳しい冬を乗り越えて、次の新芽が出るまで葉が落ちないという特性があります。

ここから、子どもが生まれるまで、「子どもが生まれるまで親は死なない→跡継ぎが途絶えない」と考えられるようになり、「子孫繁栄」の意味が込められるようになったのです。後継ぎが大事な武家にとっては縁起の良いことだったのですね。また、宮中行事でも食べられていたというのですから、とても大事な食べ物ということが分かりますね。

そんな柏のように、家には子どもがうまれ、いつも元気な家族がいて、幸せがずっと続きますようにという願いが現在にも込められているのですね。

ちなみに関西では「ちまき」を食べるそうです。ちまき

平安時代に中国から伝わってきた「ちまき」は、中国では古くからの伝説に、邪気払い厄払いの力があるとされていました。

そもそも端午の節句が、この伝説を元にして生まれたと言われ、ちまきはまさにうってつけの食べ物というわけですね。

伝説の中ではれんじゅの葉に餅米を包み、邪気を払う五色の紐で縛っていたそうです。

(写真は五色ではないですが・・・)→

この五色の色が、のちのこいのぼりのルーツとなっても言われています。

日本では茅(ちがや)の葉が使われていたことから、「ちがやまき」と呼ばれていましたが、段々と短縮されて現在では「ちまき」と呼ばれています。

また、九州では↓「あくまき」(灰汁につけた餅米を竹の皮に包んだ物)というものを食べることもあるそうです。

2011-top_img1地域によって、食べられるものが違って面白いですよね。

しかし、子どもに元気に育ってほしいという願いは万国共通。

ここまで元気に育ってくれたお祝い、そしてこれからも元気に育ってくれますようにという願いを込めて、端午の節句ならではの食べ物をいただきましょう(*^_^*)

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 食育 2015.05.05

Translate »