紫外線と上手に付き合う4カ条!


みなさんは、紫外線が一番多い時期をご存じですか?

そう、3月、4月頃~10月頃までが一番多いと言われています。

昔は子どもが日焼けをして小麦色の肌になることはとても健康的だと思われていました。

しかし、少しずつ紫外線量が増えている今、子どもの日焼け対策を何もしないのは、ちょっと考えものかもしれません。

『紫外線は18歳になるまでに生涯の半分を浴びている』

というWHOの見解もあるように、私たちが浴びる紫外線量は子どもの頃が一番多いのです。

特に、肌がまだ薄くて柔らかい乳幼児は影響を受けやすくなります。また、背が低いために、地面の照り返しの影響を受けてしまうことも要因の1つにあるでしょう。

あまりに紫外線を浴びすぎると、皮膚がんのリスクが高まります。上手に対策をしながら、紫外線と付き合って行きたいですね。

では、具体的にどんな対策をすれば良いのでしょう?

1.外に出るときは帽子を被る(熱中症予防にも効果的です。)

2.日焼け止めクリームを塗る(SPF20~30くらいで充分です。)

3.長時間、外に出るときは日焼け止めを約2時間おきに塗り直す(大人も同じようにすると効果的です。)

4.なるべく日陰で遊ぶなどの調整をする(日焼けに対して説明してあげると、子どもも理解すます。)

この4つを心掛けて過ごすと良いと思います。

ただし、気を付けて欲しいのが『紫外線が気になるから外遊びを避ける』というもの。

子どもの成長にとっては外遊びはとても重要です。

日光を浴びることで作られるビタミンDの形成や、戸外での遊びから得られる様々な動きによって、骨や筋肉が丈夫になります

また、以前のコラムにも書きましたが太陽を浴びることにはたくさんのメリットもあります。(新陳代謝が活発になり、美肌になるという大人にも嬉しいメリットも!)

“外に出ちゃいけない!”ではなく、紫外線と上手に付き合いながら、子どもの経験を豊かにし、心と体を健康にしていきたいですね。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 2015.04.11

Translate »