整理整頓は世界共通のマナーです!


あくまでもこれは私の持論ですが笑

うちの職場には色んな国の方々がいます。

そこで働いていていっつも不思議に思うことが…

物がよく無くなること!!

ほんっとうによく無くなるのです…

あれ?昨日まであったよね?というものが今日にはない。

どこにいったの~!?と探し回ることもしょっちゅうあります。

なぜそうなるのかというと…

使ったあとに元の場所に戻さないからなんです…(*_*)

日本人スタッフは、別のクラスのものを使ったりするときにはきちんと「借ります」と声を掛けて、使ったあとは元に戻します。
(それが日本では当たり前のことだと信じています!)

けれど、外国人スタッフは違うようで…

勝手に使い、そのまんまにするのです。
(もちろん、個人差はありますし、お互い納得出来るだけの信頼関係があるからですが。)

今では探し回ることにだいぶ慣れてしまいましたが笑、最初はとても衝撃でした。

でも、勝手に使われてもあまり怒らない姿をみると、おおらかなんだなぁと感心してしまう部分もあります。

私だったらイライラしてしまうかも 笑

けれど、子どもの荷物がぐちゃぐちゃになっているのに何も言わないでいるのは困りものです。

整理整頓はとっても大切!子どもの時から、自分の身の回りのものは、自分で整理整頓をして管理出来るようにすることが望ましいのです。

また、何かを借りるときにはきちんと声を掛けることも必要ですよね。

外国にも“整理整頓”という意識はあります。

きちんとそれを行えることが、将来的に“仕事が出来る人”というイメージなどを与えることにも繋がります。

ぜひ、乳幼児の頃から自分の荷物やおもちゃ箱などをきちんと“整えて”片付けるような習慣をつけましょう。

そして、世界に出てからも、“整理整頓がしっかり出来る美しい日本人”を目指しましょう!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category マナー 2015.03.24

Translate »