世界の珍しいアレルギー!


さて、今日はアレルギー編の最終回。
少しでも、身近にあるアレルギーに気づいてほしくて書かせていただきます。

一言にアレルギーといっても実に様々な種類があります。

食物アレルギーは有名(?)ですが、他にも動物アレルギー、フルーツアレルギー、金属アレルギーなどなど…

花粉症もアレルギーの一種です。

今日はその中でも珍しいアレルギーを紹介したいと思います。

●ラテックスアレルギー

これはゴム手袋などに使われる素材のラテックスというものに反応してしまうアレルギーです。

メロンや桃などの成分にも反応してしまうため、ラテックス・フルーツアレルギー症候群とも呼ばれるそうです。

●下着アレルギー

これは文字通り、下着を着ると反応してしまうアレルギーです。
多くは下着に使われているポリエステルに反応しているため、素材に気を付けることが必要です。

●青アレルギー

青色の塗料、青色の服、青色のソーダジュース…などなど、とにかく“青”に反応してしまうアレルギーです。

●紫外線アレルギー

紫外線に反応すると皮膚がただれてしまうことがあるため、外に出るのは命懸けです。

●水アレルギー

自分の汗や涙、唾液にも反応してしまいます。
起きているときだけではなく、寝ているときにも注意しなければなりません。(寝汗)

これは世界でも30人ほどしかいない、極めてまれなアレルギーです。

もちろん水は飲めないので、牛乳や紅茶など、飲めるものを探さなければなりません。

お風呂やシャワーにも入るのが難しいため、ある女性はシャワーは1週間に一度、浴びることのできる時間はわずか1分だそうです。

●砂アレルギー

砂に触れることで症状がでます。
触ったところの皮がむけて、血だらけになってしまうことがあります。

この場合、もちろん砂遊びは厳禁です。

他にもプラスチックアレルギー、グルテンアレルギー、中には愛アレルギーなど、世の中には実に様々なアレルギーがあることがわかっています。

いずれも程度によってはアナフィラキシーショックを起こす可能性があるものばかりです。

お子さんの体に何かしらの反応が出た場合には、食物だけではなく、周りの様々な環境を疑ってみて下さい。

アレルゲンになるべく早く気づいて環境を整えてあげることが、親と子、双方にとって、とても大切なことですよね。

ぜひ、こんなアレルギーもあるんだ!と、知識として知り、理解いただけたら幸いです。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 食育 2015.03.23

Translate »