xshutterstock_181787579_jpg_pagespeed_ic_g84qpyler9

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

「あなたは男の子/女の子でしょ!」

あなたは自分の子どもにこの言葉を言ったことはありますか?

実はこの言葉が、あなたの子どもの才能を見逃す原因になっているかもしれません。

性別にみる才能発掘のポイントとは・・・

固定観念はいらない!

d42ae257_Corbis-42-65416184_xxxlarge

「性別によって才能に違いがあるのか?」

と問われれば、Yes でもあり、Noでもあります。

基本的に男と女では脳の構造が違います。

そのため、男の子の方が得意な面と、女の子の方が得意な面は確かにあります。

だからこそ、

「男の子なら○○、女の子なら○○」

と道しるべとして示す場合もあるでしょう。

けれど・・・

才能を発掘するのには”性別”という固定観念はいりません。

性別という枠にはめない!

Hugging For Peace

「男の子だから、女の子だから・・・」

ではなく、”その子の姿”をしっかりと捉えましょう。

たとえ子どもの好きなことが、世間的に言う異性が得意とするものだったとしても、それを

「あなたは男の子/女の子でしょ!」

と否定してしまうと・・・どうでしょう、子どもの才能は開花するでしょうか。

大人はとかく、子どもを”性別”という枠にはめたがりますが、

子どもの持つ可能性は、”性別”という枠に当てはめてしまうのは実にもったいないことなのです。

確かに、性別によって得意な面はあるかもしれないけれど、「好きこそものの上手なれ」。

性別に縛られすぎないようにしてみてくださいね。

子ども&あなたの可能性は無限大!

※「うちの子の才能ってなんだろう?」「可能性を引き出して伸ばすにはどうしたらいい?」

子どもの”真の”才能発掘コンサルティング