『7つの習慣』、子育てには”ココ”を活かす!


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

『7つの習慣』

という本をご存知ですか?

スティーブン・R・コヴィー氏の著書で、ご存知の方も多いかもしれませんね。

先日、ようやくこの7つの習慣を読みました!

と、いっても『まんがでわかる、7つの習慣』ですが・・・笑

一見、難しそうに感じる7つの習慣、子育てにはどのように活かすことが出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

7つの習慣は”ココ”を活かす!

7つの習慣とは、

第1の習慣「主体的である」

第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」

第3の習慣「最優先事項を優先する」

第4の習慣「Win-Winを考える」

第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」

第6の習慣「シナジーを創りだす」

第7の習慣「刃を研ぐ」

というもの。詳しい内容は省きますが、これがなかなか面白く、自分を見直すことが出来るものとなっています。

さて、この7つの習慣、子育てにおいても全て関わってくるのですが、実際にどんな風に活かせるのかというと・・・

一番は、「まずは自分が変わる!(インサイド・アウト)」という部分!

インサイド・アウト(内から外へ)からすべては始まる!

実はこのインサイド・アウト、7つの習慣の中でも序章の部分。

つまり、ここがあって(出来て)はじめて、7つの習慣が出来上がるということです。

「子どもが自分の思い通りに動いてくれないとイライラする・・・」

そんな経験、あなたにもありませんか?

私たちは、どんな反応をするのかを自分で選択をすることが出来ます。

子どもが思い通りに動いてくれないとき、どんな反応をし、どんな声掛けをするのか、自分で選んでいるのです。

イライラするのも自分が選んでいる反応の1つ。

自分で自分をイライラさせているなんて、なんだか滑稽ですよね。

「でも、ついついイライラしちゃう!」

そんなときこそ、一呼吸おいてインサイド・アウト!

自分の中で見方を変えて、子どもの客観的な姿を見るようにしてみましょう。

一呼吸おくことがポイント!

コヴィー氏は、「刺激と反応の間にはスペースがある」という一節から、人生を変えられたそうです。

これは私たちが誰しも自然とやっていること。

刺激(例:子どもが牛乳をこぼした!)が起きたら、十分なスペース(一呼吸)をとってから反応すると、後悔する(例:何やってるの!とどなってしまった)ことも少なくなります。

大切なお子さんとのコミュニケーションだからこそ、まずは自分の見方などを変化させる”インサイド・アウト”、そして”一呼吸おいてから反応する”ということを実践してみてくださいね!

※7つの習慣は、その他の部分でも役立つ考え方が満載!まんがだと、子どもと一緒に読むことが出来ますので、ぜひ読んでみてくださいね!

子ども&あなたの可能性は無限大!

※7つの習慣をもっと子育てに活かしたい!やっぱりイライラしてしまう・・・そんな方は

真の才能発掘コンサルティング

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »