世界の広さを知らなければ、才能(可能性)があっても挑戦すら出来ない。


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

さて、先日閉会式を迎えた平昌オリンピック。

日本人選手も大活躍し、とても盛り上がりましたね!

オリンピックを見て思うこと。

それは・・・”知らない世界がた~くさんあるのだなぁ”ということです。

スポンサーリンク

世界の広さを知る!

オリンピックには実に様々な種目がありますよね。

中には、

「え!?こんな種目あったんだぁ~知らなかった!」

というものがあなたにもあったのではないでしょうか。(私はありました・・・笑)

人間、どうしても自分が生活している範囲のことにばかり目がいきがち。

けれど、世界の広さを知ることは、実は、子どもの才能発掘はもちろん、あなたの可能性を伸ばすのにも重要なのです。

なぜなら・・・

知らないと挑戦すら出来ない!

世界の広さを知ることはなぜ大事なのか。

その理由は、

『知らないと、才能(可能性)があっても挑戦すら出来ない』

からです。

これは当然ですよね。

フィギュアスケートの才能がいくらあっても、フィギュアスケートというものを知らなければ挑戦することは出来ません。

体操選手になれる素質があっても、体操というものを知らなければ、その素質を活かせる機会はないのです。

今回のオリンピックを見て、

「こんなものがあったんだ!自分もやってみたい!」

という子どもたちが増えてくるかもしれません。

これは世界の広さを知り、今まで知らなかったことを発見出来たからこそ。

世界のこと、世の中のことを知る機会をたくさん作ることは、子どもたちの、あなたの持っている可能性を活かすことに繋がるのです。

次はパラリンピック!

次は3月9日から行われるパラリンピック!

これも、世界を知る良いチャンス。

「選手として出たい!」と選手を志す子ももちろんたくさん出てくると思います。

そして同時に、「こんなかっこいいものを作りたい!」などと、選手にとって欠かせない用具作りを志す子も出てくるかもしれません。

世界は広く、様々な側面があり、可能性に満ちている。

そんな機会・体験をぜひたくさんさせてあげてくださいね!

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »