楽しみながら見識を広げるための最善の方法とはなんでしょう?


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

先日、子どもたちと

『世界の遊びを体験!~あそびで世界旅行に出発だ!~』

というイベントを行いました。

イベント時間は2時間。

大人も子どももたっぷり動いて笑ったこの時間で、「やっぱりそうだよなぁ」と感じることがありました。

スポンサーリンク

見識を広げるには・・・勉強する?

あなたは”見識を広げよう!”と思ったとき、まずどんな行動をとりますか?

「勉強する」

という選択肢をとる方が多いのではないでしょうか。

子どもであれば、

「新しい習い事をさせる」

という方も多いです。

この方法、果たして一番良い方法なのでしょうか・・・?

”勉強となると、なんだか億劫になって、結局やらなくなった。”

な~んて経験はありませんか?

そう、知識から入ろうとすると、なかなか難しいのです。

見識を広げるにはまず体験から!

見識を広げるための最善の方法は・・・

そう、体験から入ること!

言い換えると、頭で考える前に、体と感情で感じるということです。

今回のイベントでも、”遊び”という体験を通して、世界の国について、文化についての見識を広げていきました。

もちろん、相手は子どもたちなので、難しいことは行いません。

けれど、

・世界には日本以外にもこんな国がある

・こんな人たちが住んでいる

・こんな楽しいことをやっている

ということ頭ではなく体と感情(ココロ)で感じることで、

「楽しい!もっと知りたい!」

「○○が好き!」

ということに繋がっていくのです。

そしてそれは、大人でも同じこと。

事実、一緒に参加してくださった親御さんたちも、

「こんなことが出来るんですね~」

「これなら簡単だからうちでもすぐに出来そう!」

と新たな見識を知り、すぐに自分に取り入れてくれるようになりました。

何よりも楽しむことが一番!

もちろん、知識としてインプットするのも大切です。

けれどその前に、ぜひとも体験して、あなたの体と感情(ココロ)で、

「楽しい!もっとやりたい!」

と思って欲しいのです。

なぜなら、それが将来への道に繋がっていくのですから。

大人であるあなただって、まだまだ道は拓けています!

大人であっても子どもであっても、楽しんで体験・経験していくということを忘れないでくださいね!

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »