“親になる前から”子どものことを知っておくことの強み・メリットとは・・・


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

あなたは親になる前から、”子どものことについて前もって知っておきたかった!”と思ったことはありますか?

私は幼稚園教諭時代、インターナショナルスクールでの保育士時代と様々なご家族を見てきた経験から、もっと早くから子どものこと、子どものいる生活を想像すること・知ることで、解決できる問題がたくさんあるなぁと感じていました。

だからこそ、親になる前から、出産・子育てのことについて学べる『せかいくネウボラ』の設立を今、進めています。

そして、その思いのご縁からか、「親教育をしたい!」という学生さんにも出会うことが出来ました。

今の日本の問題とは。

naughty-or-nice-shaping-your-childs-behavior-1500x1000

日本では、少子化・核家族化が進んでおり、昔のように小さい子と自然に関わる機会が減ってきています。

「子どもと接したことなどほとんどない」

という状態で親になった方もたくさんいます。

子どもと接したことがほぼなく、子どもとはどういうものかを知らずに親になるとどうなると思いますか?

子どもとの問題・悩みを抱える方が増える傾向にあるのです。(もちろん、全員ではありません。)

そして、その悩みを開放する場がないことが大問題。

開放できなければ、どんどん思い詰めて、子どもも親も苦しみ続けることになるのです。

”親になるための教育”をすることで得られるメリット。

yjimage1

・子どもとはどんな存在か、子どもへの接し方

・子どものいる生活、育児とは

・子どもの多様性とは

・子どもとの関わり方とは

・悩んだり迷ったりした時にはどうすればいいか

など、”自分が親になる”ということを考えてみることは、これまでの人生を振り返り、価値観や考え方の幅を広げます。(もちろん、親にならないという選択をした場合においても、自分を見つめなおす良い機会になります。)

そして将来、実際に親になった時に、悩んだり迷ったりする機会を少しでも減らし、良好な関係を築くことにも繋がるのです。

また、親になるための学びの場が、悩みの開放の場にもなります。

子どものことについて学ぶことは、自分の人生・生き方を見つめることにもなるのです。

もちろん、親になったからこその学び、悩みもたくさんあると思います。

それをどの年代の人も一緒に支えあい、サポートし、学びあえるところに”親になるための教育”のメリットがあるのです!

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »