”質問の持つ2つのパワー!”質問力を上げて子どもの才能を発掘する!



おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

先日、せかいくに関するインタビューを受けました。

内容としては「せかいくとはどんなもので、何が出来るのか」というものでしたが、インタビューを受けてみて、改めて自分が考えていることを客観的に把握することが出来ました。

そして、”質問の持つ2つのパワー”も実感したのです。

質問パワーその1:良い質問は子どもの才能を発掘する!

yjimage

あなたはお子さんと話をしている時、どんな対応をしていますか?

「うんうん、へーそうなの。」

「そんなことがあったんだぁ~!」

など、共感したり、驚いたりしているかと思いますが・・・

”質問”はしているでしょうか?

冒頭でも述べたように、質問には子どもの意外な一面や才能を発掘させるパワーがあるのです!

質問をされると、大人でも、思ってもいなかったような答えが口から飛び出すことがありますよね。

すると、

「自分ってこんな風に考えていたんだ」

と新たな自分の一面に出会え、自己分析を深めることが出来ます。

そしてそれは、子どもたちにも言えること。

小さい子であればあるほど、大人は勝手に子どもの気持ちや考えを代弁しようとします。

「○○だったのね~」

などと、よく言ってはいませんか?

もちろん、言葉を話せない赤ちゃんの時にはある程度代弁してあげることが大切ですが、言葉を話すようになったら、大人が勝手に子どもの気持ちを代弁するのではなく、どんどん質問していきましょう。

すると、「この子はこんな風に考えていたんだ!」と子ども理解にもつながることはもちろん、子どもの持つ才能を発掘するチャンスも増えていくのです。

質問パワーその2:良い質問が考える力を伸ばす!

yjimageyzuvs2rr

良い質問は、子どもの考える力を伸ばします。

質問をするということは、それに答えるということ。

答える側は、質問の意味を汲み取って、それに合った答えを返す必要が出てきます。

そのプロセスが、子どもの考える力を伸ばし、自主性を伸ばすのです。

ここでの注意としては、もちろん、途中で「こうなんでしょ!?」と大人が子どもの考えを勝手に想像して奪わないこと。

時間がかかっても、子どもに答えさせてあげてくださいね!

良い質問をすることで、子どもの考える力が伸び、今まで隠れていた才能が発掘されていくのです。

普段の会話・コミュニケーションの中で、質問力を上げて、良い質問を子どもにすることを心がけてみてくださいね!

子ども&あなたの可能性は無限大!

※「良い質問ってどんな質問?」「質問力を上げるにはどうすればいい?」→子どもの”真の”才能発掘コンサルティング

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »