子どもの才能を発掘するには、親子対決をしてみるべし!


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

先日、ティンカリング体験イベントを行いました。

ティンカリングとは、試行錯誤をしながら考える力を養う、力学や理数(STEM)について遊びながら学ぶことの出来る教育アプローチです。

親チームvs子どもチームで、モアファンというブロックを使って橋を作り、水を入れた500mlのペットボトルを何本乗せられるかを対決しました。

そこで見えてくるものは何かと言うと・・・

親子で同じことをやるからこそ、子どもの本来の姿が見えてくる!

yjimage5H547D50

親子で同じことをやることで、子どもの本来の姿が見えてくるのです。

授業参観や保育参観、運動会や発表会など、園や学校での子どもたちの様子を見る機会は確かにあります。

けれど、普段と違う雰囲気に子どもが緊張したり、甘えたりするので、

”なかなか本来の姿を見せられないなぁ”

と幼稚園教諭時代に思っていました。

ところが、親と子、同じことを(分かれて)やってみると、子ども本来の姿を見ることができるのです!

実際に、今回のティンカリング体験に参加してくださったAくんのお母様はこんなことをおっしゃっていました。

「うちの子、あんなにしゃべるなんて知らなかった。」

Aくんは、お母さんのいる大人チームに勝とうと、率先してアイディアを出してチームを引っ張っていってくれていました。

この姿、普段は見えない姿だったのですね。

親子同じことをやったからこそ見えた、新しい才能の一面なのです。

対等な立場であるからこそ見える、子どもの才能。

さて、親子対決の結果を言うと、子どもチームの勝ちでした。

子どもチームはペットボトルを15本乗せたのに対して大人チームは5本。

本気でやってもらった結果です。

よく、”子どもだから”と手加減する人がいますが、私はその必要はないと思っています。

あなたが思うより、子どもはしっかりと考える力、工夫する力を持っているからです。

そして、一緒にやるという経験も必要ですが、”対決する”という対等な立場で物事に取り組む経験が、子どもの新たな才能、今まで見えなかった才能を発掘させるのです。

親子対決をすると、子どもだけではなく、あなたの考える力、能力も伸びていきます。

「悔しいね」

「どうやったら勝てたんだろう」

と対決後も大人チームは話し合っていたのがその証。

親子で能力を伸ばす機会をぜひたくさん作ってあげてくださいね!

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »