あなたは大丈夫?エリートやキャリアウーマンの方が、”子育ての罠”にはまりやすい!


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、教育ドクターのMasamiです。

先日、”教育虐待”というものがあるということをお伝えしました。

過去記事:「”教育虐待”になっていないか。子ども本来の可能性に気づけているか・・・?」

今日はその一環としてのお話を・・・

スポンサーリンク

エリートやキャリアウーマンの方の方が・・・

yjimage-5

先日、ほんまでっかTVでもちらっとやっていましたが、子育てにおいてはいわゆる

「エリート・キャリアウーマン」

の方が、ストレスを感じやすい傾向があるのです!

なぜなら・・・

そこには、”子育ての罠”が潜んでるから!

そして、エリートやキャリアウーマンの方の方が、その罠に陥りやすいというわけです。

もちろん、子育てにおいての思いは千差万別。

子どもも一人ひとり違いますし、ネットに自分の子の情報が載っているわけでもありません。

ではなぜ、誰しもが陥る可能性のある”子育ての罠”が、エリートやキャリアウーマンの方に多いのでしょうか。

自分の世界は狭いですか?広いですか?

yjimagezfa0v65v

そんな時、私はいつも、

「自分の世界は狭いと思いますか?広いと思いますか?」

という質問をします。

海外を飛び回っている方は、”広い”と応える人が多いです。

(もちろん、広いから良くて狭いから悪いというわけではありません!)

自分で思う世界の広さは人それぞれですが、あなたが感じている広さは”本当の広さ”ではない可能性が大です。なぜなら、

『世界の広さ=価値観の広さ』

だからです。

・どんなに世界中を飛び回っていても、周りにいるのはいつも自分と同じような人ばかり。

・考え方も価値観も能力も似ている人たちに囲まれている。

・ふっと考えたら、生まれたときからそのような状況だ。

という方は、要注意!

この”自分で思う世界の広さ”が”子育ての罠”と関係してくるのです。

子育てにおいてストレスを感じる、うまくいかないと感じるときは。

141105diversity-thumb-640x361-80995

子育てにおいてストレスを感じる、うまくいかないと感じるときには、

自分の世界の広さをまずは考えてみましょう。

・自分とまったく違う人と今まで接したことがあるかどうか。

・接したとき、自分はどのような対応をしているか。

これを考えるだけでも、子育てにおいてのストレスが軽減されます。

”自分にとっての子育ての罠とは何か”はなかなか気付かないもの。

せかいくではあなたを子育ての罠から開放し、子どもがもつ本来の才能を発掘していきます。

すると、自然にあなた自身の才能も伸びていきますよ!→子どもの”真の”才能発掘コンサルティング

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »