中学生シンガー、ゆみちゃんとの出会い。~”カッコいい”背中を見せろ!~


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、教育ドクターのMasamiです。

Informationの中でもお知らせしましたが、私は今現在、ホンマルラジオ青山局で、

『イリスミュージックアワー とみりん&まさみんの世界へきっかけクリエイト』

という番組のパーソナリティーを務めさせていただいております。

毎回素敵なゲストの方をお招きし、お話を伺っているのですが、その中でも、素敵だなぁという出会いがありましたので、今日はそのお話を・・・♡

スポンサーリンク

中学生シンガー、ゆみちゃん!

received_1426425700804651 (1)

※ゆみちゃん&もう一人のパーソナリティー、とみりんと

その素敵な出会いとは、中学生シンガー、ゆみちゃんとの出会いです。

ゆみちゃんは現在、13歳の中学1年生。

部活に勉強に趣味に、一生懸命な可愛らしい女の子。

中学生と言えば、多感な時期。

反抗期に入るころでもありますよね。

そんな時期、ラジオに出るなんて、私だったら出来なかったな・・・と思います。(恥ずかしくて絶対いやだって言いそうです。)

でも、ゆみちゃんは私と違って(笑)素直な良い子。

ラジオに出てくれた時には、中間試験の真っ最中だったようです。

なぜ、ゆみちゃんがそんな忙しい中、ラジオに来てくれたか?

なぜ、シンガーになったか?

それは・・・

祖父母の背中を見ていたから!!

いくつになっても楽しんでいる背中を、子どもたちは絶対に見ている。

received_1426425690804652※ゆみちゃんご家族&ディレクターの大家さんと

詳しくはラジオをお聴きいただければと思いますが、ゆみちゃんがシンガーとしてライブに立とうと思ったのは、ゆみちゃんのおじい様、おばあ様の影響なんだとか。

「祖父母の姿を見て、私も歌いたい!ステージに立ちたい!と思った」

この言葉に、私はすごく感動しました。

何かをやるのに早すぎることはないけれど、遅すぎることもないと私は思っています。

せかいくでは、

”親が楽しんでいる姿を見せることが、子どもへの一番の教育”

と伝えていますが、なにもそれは親だけではないのです。

還暦になっても、米寿になっても、やりたいことをやって楽しんでいる姿は、子どもたちは絶対に見ています。

その姿を見て、「私もやりたい・歳を重ねてもこんな風になりたい」と子どもは希望や目標を抱くのです。

抽象的ではない、体現された人たちが周りにいる。

それがどれだけ、子どもたちの心を刺激するか。

「いい歳をして恥ずかしい」

という人がいますが、恥ずかしいと思うことなんてなにもないのです。

信念を持った背中は、子どもたちには”カッコいい”の対象です。

歳や周囲の目を気にせずに。

一度きりしかない人生、思いっきり楽しんで、子どもたちに”カッコいい”背中を見せていきましょう!

子ども&あなたの可能性は無限大!

※やりたいことがあるけれど、時間もないし、子どもたちのこともある・・・

そんな時には→教育ドクター

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »