〇〇のマナーもグローバルには必須のスキル!


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、ワールドLifeプロデューサーのMasamiです。

グローバルに世界で活躍するためには、意外と思われるかもしれませんが、こんなスキルも必要です。

このスキルをきちんと見につけるだけで、評価UPも間違いなし!(かも・・・)

スポンサーリンク

グローバルに必要なスキル・・・それは服装マナー!

グローバルに必要なスキル。

それは、服装マナーです。

これはある経営者から聞いた話ですが、ある20代前半の男性が転職の面接でやってきたそうです。

ところが、彼の服装を見てみると・・・

・ワイシャツのボタンがあいている

・ネクタイが緩く、だらしない

・ワイシャツが半袖で、ジャケットからワイシャツが見えていない

など、とにかく服装のマナーがなってなかったそうです。

案の定、彼は転職活動が上手くいかず、落ち続けていたそうで、社長は、まずは「服装をきちんとしなさい」とアドバイスしたそうです。

服装はその人の印象を決める!

yjimage5H547D50

もちろん、服装だけでその人のすべてが分かるわけではありません。

しかし、きちんとしなくていけない場面は人生には多数あります。

人の印象は、視覚情報が55%を占めており、わずか3~5秒で決まると言われています。

半分以上が視覚情報で決まってしまうのです。

どんなに素敵な人格の持ち主でも、その場にそぐわない服装をしていれば、それだけでマイナスの印象がついてしまうのです。

”こんなもんで大丈夫だろう”

というのは通用しません。

きちんとTPOに合った、正しい服装マナーを身に付けていることも、その人を図るうえで大切なポイントの1つなのです。

正しい服装のマナー、身に付けている?

naughty-or-nice-shaping-your-childs-behavior-1500x1000

今回、社長からお聞きした男性は、転職活動をしていたということで、前職で働いていたにも関わらず、服装のマナーなどを教えてくれる大人がいなかったのでしょう。

子どもが正しい服装マナーを身に付けるには、親や周りの大人がきちんとマナーを知り、教えてあげることが大切です。

しかし、大人が正しい服装マナーを身に付けていないと、子どもに正しいマナーは身に付きません。

過去記事にも書きましたが、子ども時代は親に、社会に出てからは親+会社にどんな人がいるかによって、影響されていくのです。

過去記事:「親が関与できる範囲、出来なくなる範囲ってどこ?~社会人0歳からを考える~ 」

服装マナーはもちろん、他のことについても、100%完璧に分からなくても、”この場面ではどのすれば良いのか”と学ぶ意識を持ち続けていくことが私たち大人の成長にとっても大切なのです。

分からないことは子どもと一緒に調べたり、”ちょっと違うな・・・”と思ったら、後輩のために、しっかりと指導してあげて下さいね。

きちんとマナーを身に付けることが、グローバルでも活躍するための大事なスキルになるのですから。

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »