『オープンマインド』にはなれない!?オープンマインドの正体を暴く!


おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳”と”ココロ力”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、”日本人は人にぶつかっても謝らない人が多い”という記事を書きました。

過去記事:「”すみません”とすぐ言う日本人。But○○の時は言わないことに、非難殺到!? 」

大変大きな反響をいただき、嬉しい限りです。

そこで、

”オープンマインドであるかどうかによっても違ってくる”

”オープンマインドの一歩も挨拶から”

ということをお伝えしたのですが・・・

”オープンマインドは難しくて私には無理です・・・”

というお問い合わせをいただきましたので、今日は”オープンマインドの正体”に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

自分で勝手にハードルをあげていませんか?

DSC00193

オープンマインドとは、その名の通り、自分のココロを相手にオープンにする(開く)こと。

ですが、オープンマインドと聞くと、多くの日本人は

”人見知りの自分にはオープンマインドは難しい・・・”

と感じてしまいがち。

しかし、オープンマインドがどんなことをいうのか、本当に分かっていますか?

勝手に自分には難しいとハードルを上げていませんか?

オープンマインドってそんなに難しいことではないのですよ!

オープンマインド=素直!

yjimage5H547D50

ずばり、オープンマインドとは『素直』ということなのです!

自分の気持ちを素直に表現できること。これが、オープンマインドの正体なのです。

子どもって思ったことをすぐに口にしますよね。

だからこそ、子どもは誰とでも仲良くなれるパワーを持っているのです。

ところが、知恵をつけた大人は、”自分が相手からどんな風に見られるか”がとても気になる。

すると、自分のココロに正直にならず、思ったことを口に出来なくなる。

”こんな風にいったらこんな人なんだって思われるかも・・・”

という他人の評価を必要以上に気にしてしまうのです。

(もちろん、相手に失礼のないように気をつけたり、気遣いをすることなどは別です。)

つまり、自分の気持ちに正直に、素直になれないのです。

自分の気持ちに素直な人は、いい意味で、その時ココロで思ったことをすぐ口に出します。

・それはどのようなことなのですか?

・もっと聞かせてください

・すみません、勘違いしてしまいました

などなど・・・

素直な人と一緒にいると、自然とコミュニケーションが円滑に(スムーズに)なります。

素直な人と一緒にいると、相手はとても気持ちがいいのです。

素直に自分の気持ちを表現してもいい!

yjimage7ic2259x

外国の人は、幼少期から”自分の意見をはっきり言うこと”の訓練(教育)をしてきています。

はっきりと物事をいう人をみると、”とてもあんな風にはなれない・・・”と思うかもしれませんが、何も難しいことはありません。

自分の気持ちを素直に表現するだけでいいのです。

世界で活躍するためのスキルの1つ、オープンマインドは誰もが持つことが出来るものなのです。

今日から少しずつでも、自分のココロに素直になることを許可してあげましょう。

すると、不思議なくらい、コミュニケーションが円滑にいくようになり、いつの間にか、”オープンマインドが身についている”ということになりますよ!

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »