親子で日常の中で英語に親しむコツとは。


おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳とココロ脳”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

「英語はツールだということは分かっているけれど、やっぱり子どもには英語に親しんでもらいたい!」

「でも、どんな風に英語に触れさせていいのかわからない・・・」

”英語”に関しての悩みはなかなか尽きないもの。

”出来れば英語を”勉強”と捉えないうちに、英語脳の基礎をおきたいと”いう気持ちはよく分かります。

そんな時には日本人も良く知る遊びで英語に親しんでみましょう!

スポンサーリンク

”Let’s Bamboo Shoot!”

yjimage7SLLCLLD

“たけのこニョッキ”というゲームをご存知ですか?

”たけのこ、たけのこニョッキッキ”という掛け声の次に、”1ニョッキ!””2ニョッキ!”など、数を数えていくゲームです。

誰かとかぶってしまったらアウト。

誰ともかぶらないようにタイミングを見ながら”〇〇ニョッキ!”とこたえ、最後まで誰にもかぶらず残った人が優勝します。

実はこのゲームとまったく同じゲームが英語であるのです!

それが、”Bamboo Shoot”

「Bamboo Shoot!」の掛け声の後に、「One!」「Two!」・・・と英語でカウントしていきます。

なんとカウントしていく時の振りも日本のものとまったく同じ。(両手を合わせて「One!」というのと同時に両手をくっつけたまま高く上げる)

Bamboo Shoot!の後を曜日(Monday,Tuesday)にしたり、月名(January,February)にしたりと変化をつけることで、ゲームの中で自然と英語に親しむことができちゃいます!

英語に親しむコツは、とにかく自然に楽しむこと!

yjimageYT6KKNCW

今回は”Bamboo Shoot”のみをご紹介しましたが、日本でも親しみのある遊びと似たような遊びが、英語でもたくさんあります。(それらはまたの機会にご紹介しますね。)

英語を日常生活で親しむコツは、『とにかく自然に楽しむこと』。

遊びの中、ゲームの中、挨拶・・・など、自然に楽しめるようにしていきましょう。

何も躍起になったり、気負ったりする必要はありません。

親がリラックスしていないと、子どもも英語に対して抵抗感を持ってしまいます。

かる~い気持ちで簡単に出来ることから、英語に親しんでみてください。

親子でリラックスしながら、ゲーム感覚で親しんでいくと、”英語=楽しいもの”と子どもの中にもインプットされ、英語への意欲にも繋がります。

もしかしたら、あなたの方が英語にはまってしまうかも!?

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »