世界を知らない人だけが、”英語、英語”と騒いでる。~世界を知る人は知っている!英語よりも大切なこと~


おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳とココロ脳”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

「英語が出来ないと!」

「インターに行けば英語力がつく!」

など、子どもが幼少期のうちから何かと”英語英語”と騒ぐ人がいます。

そしてそういう人こそ、世界を知らない人たちなのです。

スポンサーリンク

世界を知る人は知っている!英語よりも大切なこと。

yjimage5H547D50

私はありがたいことに、純日本人だけれど、世界中で活躍するほど優秀で、英語を流暢に扱える方々と交流したり、一緒にお仕事をさせていただいたりしています。

その中には、もちろんお母さんとしても活躍されている方もいます。

そして、そんな方々がみな一様にいうことは・・・

「英語なんて二の次」

ということ。

きちんと世界を知っている人こそ、

・”日本人”としての軸をいかにしっかり子どもに身に付けさせるか

・誰とでも関わろうとする意欲とコミュニケーション力を自然に行えるオープンマインドを身に付けさせるか

・いかに多様性を受け入れられるココロを育てるか

というところに焦点を当てて子育てをしているのです。

だからこそ、みなさん日本の幼稚園や小学校へ進学させていることが多く、ご両親が英語を流暢に話せても、「子どもには英語で話しかけない」という方針の方が多くいらっしゃいます。

世界を知る人は知っている!英語はいつからでも身に付けられる。

Hugging For Peace

そしてなにより、

『英語はいくつになっても身に付けられる』

ということを本当の意味で知っています。

日本人の思う英語は、「アメリカやイギリスの英語」ですよね。

よく、「英語を聞き取れる耳が・・・発音が・・・」という方がいますが、世界には様々な英語があり、発音だって様々です。

世界を知る人は、そのことを良く知っており、英語はあくまでも”手段(ツール・道具)”であるということを知っているのです。

世界を知る人は知っている!自分が必要であれば、子どもは勝手に英語を身に付ける。

e1424904510146_1

世界を知る人が大切にすることは、”子どもがいかに自分らしく、自分の人生を楽しんでいけるか?”ということです。

そして、子どもが自分のやりたいことの過程に(次のステージへといく過程に)”英語”というものが必要になるならば、子どもは勝手に英語を身に付けるということを知っています。

同時に、子どもは与えられたものではなく、自らの意思の力でこそ物事を成し遂げるということを知っているのです。

確かに、英語を話せるようになることで世界が広がり、選択肢も増えてきます。

しかしそれは、子ども自らが実感しなければ何も意味がないのです。

英語よりも大切なことをしっかり知っておこう!

yjimage0s0goapx

世の中の流れから、「子どもが小さいときから英語をやらせないと!」と焦る人が増えているように感じます。

しかし、良かれと思って始めた英語によって、英語嫌いになってしまう子がいることも、忘れないでください。

そして、本当に世界で活躍している人たち(真のグローバル人たち)が知っている、英語よりも大切なことをあなたもしっかりと把握していてくださいね。

これらのことが、真にグローバルに活躍する子どもたちを育てるのですから。

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »