英語はもう必要ない!?これからはココロがいかに豊かに育つかが勝負!


500x0_55c765a6-22e0-4059-9202-13440a010340_jpg

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今まではこれからの子どもたちに必要だと思われていたことは・・・そう、”英語”ですよね。

しかし、その考えはもう古い!

英語はもう必要なくなるかもしれません。

スポンサーリンク

ロボット時代の到来!

ƒƒ{ƒbƒg‚Ì—¿—

これからの社会はAIやロボットが大活躍する時代だと言われています。

今、続々とAIを搭載したものや、人型ロボットが作られ、ホテルや空港で案内係を務めていますよね。

今後は案内係にとどまらず、様々な分野でロボットは活躍することでしょう。

ロボットにとって代わられる仕事も多数あり、事務員などの仕事は今後確実にロボットが担っています。

それだけではなく、税務職員や不動産鑑定士や細菌学研究者までロボットになるというのです。

※藤原和博さん著:「10年後、君に仕事はあるのか?」はCheck必須です!

そうなると、人である私たちがどんな仕事に就けるのかというと・・・?

人でしかできない仕事、つまり、想定外の(予測の難しい)事態に対応できる仕事(車掌、教育・保育や介護など)が生き残るのです。

英語を勉強する必要はなくなる!

a8d9ef1b

今、幼少期から英語の力をつけようと、インターナショナルスクールに子どもを入学させる親が増えています。

そして、実際に現場で見ていると、「英語さえできれば大丈夫!」と思っている親御さんのなんと多いことか・・・

今後、AIがより発達し、ドラえもんの「ほんやくこんにゃく」のように、英語が分からなくても、一瞬で多言語を翻訳できる機械がでてくることは間違いありません。

そうなった時、英語にばかり重点を置いた教育をしていては、子どもたちに活躍できる場はありません。

極端にいえば、英語を勉強する必要はなくなるかもしれないのです。

(もちろん、勉強することは大切ですよ!ただ、それを教育の1番にしないでほしいのです。)

英語ではなく、ココロに重点を置いた教育を!

yjimage6

今後社会で活躍できるのは、英語や多言語が話せる人ではなく、人にしかできない仕事や活躍ができる人、つまり、一言でいうなら・・・

『自分で考え、想定外の出来事に対応できる力と豊かなココロを持った人』

ということ。

この力をもった人が、グローバルに活躍できる人でもあるのです。

英語や多言語が話せることがプライオリティの時代はもう終わりです。

これからの子どもたちの未来を考えるなら、子どものココロの発達や豊かさを育むことを第一に、考えていきましょう。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »