3歳さんでも歌える!卒園式やお別れ会などに最適な英語の歌 3選!


73ae0195fc6f83bf0ddec987bf556579_23309

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

2月に入り、そろそろ卒園式やお別れの季節がやってきましたね。

園でも卒園式の練習が始まっているかと思います。

卒園式の日本語の歌は「みんなともだち」「ともだちっていいな」「はじめのいっぽ」など、大人でも泣いてしまうと~ってもいい歌がたっくさん!

でも・・・英語のお別れの歌ってどんなものがあるのかご存知ですか?

今日は、3歳でも歌える!インターナショナルスクールでも歌っている卒園式・お別れ会に最適な歌を3選、ご紹介します。

スポンサーリンク

おススメその1:『The More We Get Together』

これは一見「卒園式の歌??」と疑問を感じるかもしれませんが、ニュアンスとしては、『みんなともだちだよ!』というメッセージが込められています。

”ぼくのともだちはきみのともだち。きみのともだちはぼくのともだち。”

という歌詞にある通り、『いつまでたってもみんなともだち!』という素敵なメッセージを送ることができます!

歌と一緒に、2人一組でダンスをするとさらに可愛くなりますよ♡

おススメその2:『Count On Me』

これは知っている方もいるかもしれませんが、Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)の曲です。

これぞお別れには最適!というくらい、とても素敵な曲です。

私の職場でも、歌詞に合わせた振付をしながら歌う子どもたちの姿に、思わず涙してしまう親御さんがたくさんおられました。

もしかしたらあなたも泣いてしまうかも!?

おススメその3:『Try Everything』

これは子どもなら誰もが知っている(!?)曲。

ディズニー映画、”Zootopia”の主題歌として有名になった曲です。

この曲、映画の主題歌だと侮るなかれ!

歌詞を見てみると、これから旅立っていく子どもたちにぴったりの歌なのです!

『諦めないでやりたいことはなんでもやってみる!』

という素晴らしいメッセージが込められているのです!

色々と諦めてしまいがちな大人たちにとっても勇気をもらえる一曲です!

親子で英語の勉強にも最適!

Mother and little adorable kid girl drinking coffee in outdoor c

英語の卒園式・お別れの会に最適なオススメ3選はいかがでしたか?

どれもそれほど複雑ではなく、子どもにも分かりやすい歌詞になっていますので、親子での英語の勉強にも最適です!

”歌”という楽しいツールで親子で英語を学んで、お別れの時期もみんなで楽しく、良い思い出をたくさん作っていきましょう!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »