実はとっても簡単!『STEM教育』の基礎を日常生活で養う2つの方法。


yjimage7ic2259x

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

さて、せかいくでも何度か取り上げている『STEM教育』

※詳しくはこちら→「数年後には当たり前になっているSTEM教育プログラム!『ティンカリング』、『ファブラボ』にも注目!」

年々注目度が上がってきており、今年もこの教育を取り入れたり、Pick upしたりする機関が多くなりそうな予感。

しかし、

「やってみたいけれど、常生活の中で、具体的にどのようなことがSTEMになるのかわからない。」

「難しくて家庭ではできなさそう・・・」

という声も聞かれています。

確かに、なんだか難しそうに聞こえるもしれませんが、実は、STEMの基礎は家庭の日常生活の中で、簡単に養えるのです!

今日はその方法をお伝えします。

スポンサーリンク

簡単STEM取り入れ法その1:「大きい」「小さい」「長い」「短い」

13440_bd

STEMとは

『サイエンス(Science)、テクノロジー(Technology)、エンジニアリング(Engineering)、マス(Mathematics)』

の頭文字。

ここでは数学的な基礎として、ものの大きさや長さを”だいたい”でわかるようになるのといいでしょう。

「ママと○○ちゃんのおにぎりではどっちがおおきい?」

「もうちょっと短いひもがいいかな」

「このお菓子、なんこくらいあるかな?」

など、ものの大小・長短や数が”だいたいわかる”ことで、数学的な計算になったときにも、

「だいたいこんな感じでやると解けるかな?」という道しるべができあがるのです。

これは、初歩の初歩ですが、何事も初歩が大切ですよね。

幼いうちから、”だいたい”の感覚を身につけて、数学的な基礎の土台を作ってあげましょう。

簡単STEM取り入れ方法その2:「なんでかな?」「どうなると思う?」「不思議だね」

yjimage17nsbw6i

続いては、サイエンスやテクノロジー、エンジニアリングの部分。

これは一言で言うと、 『興味関心の目を育てる』に限ります。

たとえば、絵の具を混ぜて違う色ができる、色あそびをしている時。

「どうして○と△を混ぜたらこの色になるんだろうね?」

「○と△を混ぜたらどうなるかな?」「何色になるんだろうね?」

たとえば、電車を見た時。

「どうして電車って動くんだろうね?」「不思議だね」

など、子どもに”不思議だなぁ、なぜなんだろう?”と思わせる、興味関心の目を育てることがSTEM教育の第一歩につながります。

興味関心の目を育てるものは、日常生活にたっくさん潜んでいます。

それをぜひ、子どもと一緒に見つけてみて下さいね!

STEMは誰でも簡単に取り組める!

yjimageFRG2GBVV

いかがでしたか?

「え?そんなことでいいの?」

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

そう、STEMは何も特別なものではなく、日常生活の中で十分に基礎を養えるものでもあるのです。

日常生活の中で、大人でも不思議に思うことはたくさんあるはず。

それを子どもと一緒に探しながら、一緒に「なぜだろう?知りたい!」の目を育ててみてくださいね。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »