”知らない”が一番怖い!考えよう、未来の子どもたちのために。


yjimage2xgdvose

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今日、12月1日は何の日かご存知ですか?

今日は『世界エイズデー』なのです!

・エイズって日本ではあまり関係ないんでしょ?

・よく知らないけど、なんだか怖い

そんなイメージのあるエイズに関して、今日は一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

エイズってどんなもの?

yjimageomsk89gh

簡単に言うと、エイズとは、HIVに感染して、様々な病気になってしまった状態のことをいいます。

HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)のことで、ヒトの体をさまざまな細菌、カビやウイルスなどの病原体から守る(=”免疫”)のにとっても重要な細胞に感染するウイルスのこと。

このウイルスに感染すると、体を守ってくれる免役がどんどん減り、逆にこのウイルスがどんどん増えていくため、様々な病気にかかってしまうのです。

どのように感染するの?

yjimage0wqd3lkb

では、このHIVウイルスにどのように感染してしまうのでしょうか?

感染ルートは3つ。

1. 性的感染

性的接触で感染する

2. 血液感染

輸血や注射などの針の使いまわしなどで感染する

3. 母子感染

母親が感染していて、それが産道や母乳を介して子どもにも感染する

です。

日常生活ではどのように感染するの?

7e49bb4e44a1d21fe7180e76e6301b9a

 

エイズと聞くと、なんだか怖いイメージが先行してしまい、その人に近づかなくなってしまったり、差別をしたりという様子もまだまだ見られています。

しかし、エイズは空気感染ではありませんので、しっかりと気を付ける部分を理解していれば、容易に感染するものではありません。

以下のサイトで、”HIVが日常の場面でどんな時にうつるのか?”を学んでみてくださいね。

「HIVはどうしたら感染するの?」

『知らないは怖い』。考えよう!未来の子どもたちのために。

yjimage

日本ではあまり身近に感じることはないかもしれませんが、発展途上国では母親からの母子感染でHIVウイルスに感染していまい、エイズを発症してしまう子どもたちが少なくありません。

これは、適切な知識、学ぶ環境がなかったからこそ、起こっていることでもあります。

正しい知識、学ぶ環境がない=知らないということは、健康を損なうだけではなく、意味もなく差別したり、人を見下したりすることにも繋がる恐ろしいことなのです。

”知らない”ということが、一番怖いことなのです。

ぜひ今日だけでも、お子さんとHIV/エイズについて、しっかりと考えてみませんか。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.12.01

Translate »