英語なんてもう古い!?本当にグローバルに活躍したいなら学ぶのは○○語!


yjimage0s0goapx

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

「グローバル教育のはじめの一歩は『英語』でしょ。」

そんな風に考える方は多いと思いますし、今現在世界共通語である英語を学ぶのは当たり前のこととなっていますよね。

しかし!ヨーロッパを転々とし、海外で育った方いわく、「これから世界で活躍したいのなら、英語ではなく、○○語を学ぶべきだ」というのです!

その言語とは・・・!?

スポンサーリンク

世界で活躍するために学ぶべき言語は・・・ラテン語!

mainimage2

その言語とは『ラテン語』

ラテン語は、ヨーロッパの国の語源となっていることが多く、フランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語はラテン語が語源です。

ラテン語ができれば、ラテン語を語源としている言語は比較的簡単に話せるようになることから、

・世界の中でもヨーロッパ方面で活躍していきたいと思っている方

・将来は子どもとヨーロッパ方面へ・・・

とお考えの方には特に必見の言語であるといえます。

英語はラテン語が語源じゃないの?

yjimagefolhyj3i

では、世界共通言語である英語の語源はラテン語なのでしょうか?

厳密に言えば、英語(ドイツ語も)の語源はラテン語でないのですが、影響を受けていることは確かです。

ラテン語は古代ローマ人が喋った言葉。(有名なところでいうと、テルマエ・ロマエ時代。)

ローマ帝国が拡大するにつれて、ヨーロッパ中に広がった言語です。

ローマ帝国が滅亡した後にも、ラテン語はヨーロッパに強い影響を与えており、ラテン語が語源ではないにせよ、英語の語彙の70%はラテン語に由来・影響を受けているといわれています。

イギリスやイタリアの学校では、ラテン語がまだ必修科目になっているところも沢山あり、ラテン語はまだまだ英語の日常会話に登場します。

そのため、ラテン語をマスターすれば、英語フランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語の五カ国がすぐにマスターできちゃうかもしれないのです!

今日からは”ラテン語も意識”で新しい世界が開ける!?

240_f_118707206_0ap8gmycmqtpffo6ium2r0xytdue23fs

様々な言語を網羅している『ラテン語』。

これができれば、一気に言語能力が開ける可能性もあります。

日本でも、ラテン語を必修科目にすれば、グローバルに活躍できる機会が増えるかもしれませんね。

(日本でラテン語が必修科目になるのは遠いことと思いますが・・・)

ラテン語の可能性を知っているか、知らないかで広がる世界は違ってきます。

ぜひ今日からは英語だけではなく、ラテン語の可能性も意識して、子どもたちの新しい可能性を拡げていってくださいね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »