日常生活でどこでもグローバル体験が出来るコツ!レストランでも異文化体験ができちゃう!?


%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、”自分へのたまのご褒美!”として、普段はなかなかいかないレストランにお邪魔してきました。

そこで、とっても細か~い(!?)異文化体験ができちゃったのです!

スポンサーリンク

異文化体験1:オリーブオイルにもたっくさんの種類があることを学ぶ。

yjimage

オリーブオイルは日本でもなじみのあるものになってきましたよね。

しかし・・・オリーブオイルには実にたっくさんの種類があることをご存知でしたか?

同じイタリア産でも、州によってそれぞれまったく違う味のオリーブオイルができ、それに合う料理も違ってくる・・・

そんなこと、ちっとも知らなかった私は、終始「へぇ~!」と驚きっぱなしなのでした。

日本でも県ごとに郷土料理があったり、味噌が違ったりということを考えると、オリーブオイルとて同じことだろうと思うのですが、不思議と外国の話になると、そんな細かいところまで気が付かないものですね。

こんな風に感じたのも、立派な異文化体験です!

異文化体験2:オリーブオイルの効果を身をもって体験する。

yjimagept2mbw3c

 

さて、私がいただいたお料理にはどの料理にも、その料理に合った様々なオリーブオイルが使われていたのですが・・・

オリーブオイルの効果ってどんなことだと思いますか?

実はオリーブは世界の小児科学会が乳幼児の食事にも推奨しているほどの健康的効果があるのです!

※詳しいオリーブの効果はこちらの記事で!→「オリーブは聖なる食べ物!? 」

たくさんある中でも、私が身をもって体験したのは記事の中の④、”胃腸に優しい”という部分。

料理の終わりごろになると、腸が活発になりだし、それはもう、腸がキレイになったのでした。

お子さんが便秘で悩んでいるという方は、お医者さんに行く前に、オリーブオイルを試してみることをオススメします!

※ちなみに・・・納豆にオリーブオイルをかけて食べるのも、お腹に良いそうですよ!
ちゃんとタレを絡めてからオリーブオイルをかけ、もう一度混ぜると、オリーブオイルの味は気になりません。ぜひお試しあれ!

体験したことをどう捉えるかは自分次第!子どもと共有してどこでも『グローバル体験』を!

yjimageusk2b371

今回は、私がレストランで体験した異文化体験をご紹介しました。

異文化体験をするのは、何も特別なことではありません。

自分が日常生活で体験したことを、いかに感じ・捉えるかが異文化体験を頻繁にするコツなのです。

そして、それを子どもと一緒に分かち合い、共有できたなら、『親子でグローバル体験』の出来上がり♡

気張らずに、日常生活の中でたくさんの『グローバル体験』をしてみて下さいね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »