グローバルに育つためには様々な経験が必要・・・ない!?


yjimage

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

「グローバルに活躍できる子になって欲しい!

そのためにはたくさんの経験が必要よね!いろんなところへ連れていかなくちゃ!」

と思っている方・・・たくさんいますよね。

しかし!子どもの成長には”様々な経験が必要ない”こともあるのです!

スポンサーリンク

”子どものために・・・”と子どもを振り回していませんか?

「グローバルに活躍するためにはいろんな経験が必要!

だから、あれもやらせて、これもやらせて、ここにも連れて行って・・・」

なんてこと、していませんか?

確かにグローバルに活躍するためにも、”子どもに多くの経験をさせてあげよう!”と思うのは、悪いことではありません。

けれど、その解釈が間違っている、あるいは行き過ぎてしまうと、それは”親のエゴ””自己満足”になってしまいます。

あれも、これも、ここも・・・そんな風に子どもの意思を無視して様々な場所を連れまわされれば、子どもはそのうち疲れてしまいます。

その結果、新しい場所へ行くことも挑戦することも『疲れること』と認識し、「もう行きたくない!」なんていうことに・・・

”子どものため=自分のため”になっていませんか?

子どもが「行きたくない」と言い出した時に、

「行きたくないってなんなの!?

あなたのために頑張ってるのに!!」

yjimage

と思ったり、口にしてしまったりしたあなた。

それは、もはや子どものためではなく、”自分のため”になってしまっている証拠です。

「自分は子どもの時にこれが出来なかったら自分の子には・・・」

「これをやらせれば(自分に対する)周囲の評価が高まる・・・」

心のどこかで、そんな風に思っている可能性大!

子どもは親の心の機敏にはとても敏感です。

親のその思い、子どもは見抜いていますよ!

では、”グローバルに育つための経験”をさせてあげるには、どんなことが必要なのでしょうか?

それはまた明日、お教えしますね。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »