子育てに疲れたと感じているすべての人へ。


yjimage

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

「子どもって可愛いけれど、なかなか思う通りに動いてくれなくてイライラしてしまう!」

なんてことありませんか?

もちろん、子どもは自分とは違う1人の人間なので、思う通りに行かなくて当然。

けれど、”もう疲れてしまった・・・”と感じているかたもいるかもしれません。

今日はそんな方へ贈る、とっても素敵な記事をご紹介します。

スポンサーリンク

子どもを可愛いと思えなくなってしまった・・・

きっかけは、以前ネットによせられたお悩み相談。

その返答が、感動すると話題になっていました。

もうすでにご存知の方もいるかもしれませんね。

が、今、虐待や保育施設の事故などが相次いでいる中で、改めて、『子どもって可愛い、いとおしい、尊い』と感じさせてくれるものですので、そのままの文章をご紹介させていただきたいと思います。

子育てが辛い、苦しい!と思った時にはぜひ読み返してみてください。

相談:自分の子どもを嫌いになりそうです・・・

今月末で6ヵ月になる娘が居ます。初育児です。

娘は新生児の頃から本当によく泣き、
本当に寝てくれなくて、ずっとずっと
抱っこの子でした。

6ヵ月の今でも昼寝はまだ下手で、
常に抱っこで二時間くらい揺れています。
二時間寝るとまあまあご機嫌なので、
寝かせたいんですが、でも眠りが浅く
20分とかで起きちゃう事もあり、
そうするともう1日ほぼずっと
眠グズりです…。
寝かせてるのに、寝ない。抱っこすると
泣き止み窓の外を見つめていたり
するので、眠くはないのかなと思い
下ろすと、目をこすりながら大泣きします。

ベビーカーというか抱っこ紐でも外では
絶対寝てくれず(新生児の頃は外の方が寝てましたが)、
昼寝がうまく出来ずに外に出てしまうと、
駅でも電車でもバスでも何処でも
息が止まりそうな程泣きます。

友達の子供を何人も見てきましたが、
ここまでここまで泣く子は見た事がありません。

最近になり人見知りも出てきたのと、
音に敏感なのでビックリするとまた
息が止まりそうな程泣きます。

生まれたばかりから、おっぱいにうまく
吸い付けず、泣いて怒り、でも頑張り、
搾乳し、とやりましたが結局満2ヶ月
まで頑張り完ミにしたので添い乳も出来ません。
おしゃぶりも嫌がり、すぐに手で取ります。

なんだか、新生児の頃のおっぱいから始まり、
この子は私を困らせる為に産まれてきたのか、
なんで友達の子の様にベビーカーで
いつの間にか寝るという事が出来ないのか、
せめておしゃぶりくらいしてくれないのか…
ともう毎日毎日朝始まるのが嫌で、
外に出るのが嫌で、大人しい赤ちゃんを
見て羨ましがる自分が嫌で、我が子を
憎たらしく思ってしまう自分も嫌で、
なんか全てが嫌です…。

私が怒るからなのか、私より旦那が
あやす方が笑います。
私の場合は笑顔だけ、旦那の場合は
声出してけらけら笑います。
それもイライラします…

大変な時間に面倒見てるあたしより、
帰宅後ちょこっと遊ぶだけの父親の方がいいのかと。

元々子供は大好きです。
欲しくてたまりませんでした。

なのに、今は貧乏くじを引いたとまで
考えてしまう自分が居ます。
この先、いつか楽になるとよく
言われますが、想像つきません。
スーパーで寝っころがって大泣き
する様な子供に育ちそうで不安です。

私が抱っこしすぎなんでしょうか。
産婦人科には抱き癖はないから
思う存分安心させてあげましょうと言われました。

根本は大好きです。笑うと、さっきは
ごめんねと落ち込みます。
しかし、それは一般的な赤ちゃん可愛いと
いう気持ちなのか、自分の子供だから
可愛いと思うのか、私に母性が有るのか
不安です。育てていけるのか不安です。

でも毎日朝は来て、試行錯誤しながら
あやして、でも泣かれて、怒ったように
叫ばれての繰り返しです。ベビーカー
乗ってるときっと眠くなって、なのに
寝れないから泣く、人見知りで泣く、
なので外にも出たくないし、同月齢の
子供のママとも会いたくなくなってしまいます。

私の友達の子はどの子も、ほっといたら寝る、
おっぱい上手に吸う、外で知らない人に
話しかけられてもニコニコします。
なんでうちの子は…。

もうどうしたらいいか分かりません。
寝顔さえ可愛いと思えなくなってきました。
助けてください

思ったままに文を打ってしまったので
読みづらくてすいません。

初めての育児で疲れ切ったあなたへ。

ママごめんね。
おっぱいのむのヘタでごめんなさい。
泣き虫でごめんなさい。
お昼寝ちゃんとしないでごめんなさい。

わたしママが好きなの。
だからずっと起きていたいの。
ママを見ていたいのずっと。

パパはたまにしか抱っこして
くれないから、また抱っこして
くれるように笑ってあげないとね。

ママといたら甘えて
いつもグズグズになって
ママが困ってるのわかるけど
ママがかまってくれるのがうれしいの。
ママとずっと一緒にいたいの。
わたし、ママをひとりじめしたいの。

他のママじゃいや。
わたしはママが世界で一番好き。
わたしのママは世界一優しい。

わたしがもっとお姉さんになったら
ママとおそろいのワンピースを着ておでかけするの。

わたしがおとなになったら
ママと親友みたいになるの。

ママより背が高くなったら
ママをおんぶしたいの。

今は他の赤ちゃんよりたいへんでごめんね。
でも、わたし、ママしかいやだったの。
わたしね、ママをえらんできたの。

ママ、わたしはまだしゃべれないけれど
いつも目や手でママを大好きと言ってるの。

ママ、大好き。
ママ、大好き。
ママ、産んでくれて、ありがとう。
いっしょうけんめい育ててくれて、
ありがとう。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »