必見!子どものココロとカラダをしっかり育てる魔法のレシピ!


image

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

みなさんは普段、どのようなものを口にしていますか?

健康に良いものは分かっているけれどなかなか積極的には取れない・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

めんどくさいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、子どもにも同じような食事を食べさせている方、ちょっと待って!

子どもの時に口にするものはすごーく大事なのです。

今日は簡単おやつで子どものココロとカラダを育てる取り組みをご紹介します!

スポンサーリンク

外国人は砂糖にとっても敏感!?

インターナショナルスクールで働いていると、外国人の先生は子どものおやつにかなり気を配っているなと実感します。

さながら、認可保育園のようです。

私の職場では、おやつは家から持ってきてもらっているのですが、ビスケットや甘い菓子パン、マフィンなど、砂糖がたくさん使っているものを見ると、”これはダメ!”と食べさせない時もあります。

曰く、「乳幼児の頃から砂糖をたくさん食べさせると『シュガーハイ』になって、子どもにとって良くないから」とのこと。

もっともではありますが、日本では、そんなにたくさんあげなければ、クッキーやマフィンなどをあげてもあまり気にしないような印象があります(私だけ?)。

が、少量でも、砂糖を使ったおやつは外国人の方には好まれないのが現状です。

砂糖が子どもを制御不能にしている!?

歴史的な観点から見ると、日本では戦後、たくさん砂糖が使われた洋菓子が広がり、砂糖があることが豊かさの象徴であるかのようでした。

しかし、欧米ではそれよりもずっと前から砂糖を使ったお菓子があり、砂糖が体に及ぼす影響について、日本人よりも敏感なのかもしれません。

そのため、子どもが摂取する砂糖の量を日本人よりも気にするのかもしれません。

今、日本でも砂糖が子どもに及ぼす影響について注目されていますよね。

現代の日本人は砂糖を取り過ぎていること、取り過ぎると子どもがイライラしたり、集中力のない子になったり・・・などなど。

子どもの砂糖摂取量を把握して抑えることは、とっても良いことですね。

おやつには何を食べたらいいの!?

しかし!

そうは言っても、忙しくて出来合いのお菓子をあげてしまう、すぐにぐずるからさっとお菓子をあげられるように、市販のものを持ち歩かざるを得ない・・・という方もいますよね。

そんな方の正義の味方!?

たった3分で作れて子どものココロとカラダを創る専門家の方から、子どものタイプ別に合わせたレシピ集が届きました!

以前、『子どもの成長は6歳までの食事で決まる!? 』という過去コラムも執筆し、知識としては知っていても、料理は得意ではない私・・・

ですが、これなら簡単にできて子どもの体をしっかりと創ることが出来ます!

これはダウンロードしない手はありません!

ぜひ、レシピ集をダウンロードして、子どものココロとカラダを正しく育てていきましょう♪

※ダウンロードはこちらから↓

『3分おやつ大作戦!〜子どもの性格別・タイプ別世界一簡単なおやつレシピ』無料ダウンロード   

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 . 食育 2016.04.25

Translate »