あなたは大丈夫!?日本で良くやるけれど、海外ではNGな6つのハンドサインがこれだ!


yjimageOSJ7V7LK

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

もうすぐGWですね!

今年は中日を休めば10連休!

海外旅行へ行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

先日は海外の方へ贈るのにNGなものがある(→「プレゼントには要注意!海外ではNGな3つの贈り物!」)とお伝えしましたが、日常生活でもっと身近なのが「ハンドサイン」ですよね。

今日はもしかしたら知らずにやっているかもしれない、日本ではよく行われているけれど、海外ではNGな6つの代表的なジェスチャー=ハンドサインをご紹介します!

スポンサーリンク

日本人がよくやる、海外ではNGな6つのサインはこれだ!

1.人差し指と親指でつくる”OKサイン”

「オッケー」という意味で親指と人差し指を輪にするこのサイン。

実は、これをよくないサインとする国もあります。

フランスでは「ゼロ=無能」と相手を侮辱する意味、ブラジルでは「私は危険です」という意味になってしまうのです。

2.親指をぐっと立てる、”いいねサイン”

親指をぐっと立てて「良かったです!」と答えるハンドサイン。

これが良くないとは意外ですよね。

アメリカやヨーロッパでは良いサインなのですが、中東では非常に下品な意味になります。

また、同じヨーロッパでもギリシャでは侮辱のサインなのだそう!うっかりやらないように、注意しないといけないですね。

3.頬を指さす”可愛いポーズ”

ほっぺたを人差し指で指すかわいいポーズ。こどもがよくやったりしますが、メキシコでは「あなたはイカれている」「頭がおかしい」と侮辱するサイン!

相手を怒らせてしまうかもしれませんのでやらないようにしましょう!

4.お決まり!”ピースサイン”

日本では写真を撮る際のお決まり、”ピースサイン”。

ギリシャでは、かつて犯罪者に向かって2本指でものを投げつける習慣があり、これは侮辱のサインになってしまうのです

写真を撮る時にうっかりピースサインしないようにしましょうね。

5.ピースサインを裏返す、”裏ピースサイン”

これも、日本では写真を撮る時によく見られたサインですよね。

しかし、イギリス、オーストラリアでは性的な表現を意味して、相手を侮辱する危険なサインなのです!

6.タクシーを止めるときによくやる”STOPサイン”

日本ではよくタクシーを止めるときにやる、手のひらを前にぐっと出すサイン。

ギリシャでは「顔に泥を塗る」という意味になり、これをやると相手を怒らせてしまうかもしれません

当然、タクシーも止まってくれませんのでお気をつけて!

まとめ

いかがでしたか?

日本では当たり前のように行われているサインも、1歩国を出ればまったく違う意味でとらえられてしまうのです!

サインによってトラブルになる可能性もありますので、海外へ行かれる際にはくれぐれもご注意下さいね!

下記のサイトもぜひご覧ください!

※ハンドサイン参考サイト↓

海外でそのジェスチャーは危険かも!覚えておきたいNGハンドサイン12個

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.04.21

Translate »