体臭は人種によって違いがある!国民食の影響も?


yjimage0SXARTGX

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

みなさんは、自分の”体臭”を意識ことはありますか?

”自分ではわからないけど気になる・・・”という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

また、日本人でも体臭は人それぞれではありますが、”外国人の方が臭いがきつい”といった意見もありますよね。

実は体臭は、人種によっても違いがあるのです!

スポンサーリンク

日本人は世界に比べると体臭が少ない民族!

日本人は欧米人などと比べても、体臭が少ない民族だと言われています。

その理由は毎日お風呂に入る習慣や和食によるものだともいわれています。

しかし、実はもっている遺伝子に違いがあったのです!

日本人の体臭が少ない理由とは?

その理由とは・・・汗腺であるアポクリン腺が少ないから!

日本人は欧米人に比べて汗腺が少ないため、ニオイの元になる菌の繁殖が欧米人に比べて少なくなります。

そのため、体臭が少なくなるのですね。

汗腺の多い・少ないは遺伝子によって決定されている!

汗腺の数は遺伝子によって決定されています。

ちょっと専門的なことをいうと、関係があるのはABCC11遺伝子のA対立遺伝子とG対立遺伝子というもの。

A対立遺伝子の割合が多いほど、体臭が弱くなるのです。

日本人はこのA対立遺伝子をもつ割合が多いため、体臭が強くならないのです。

(日本人はAが約80%、Gが約20%の割合です。)

また、この遺伝子は耳垢を形成するときも関連があり、A遺伝子が強いほど耳垢は乾燥しており、G遺伝子が強いほど耳垢は湿っているのです。

耳垢が体臭の1つの目安になることは知っていましたが、この遺伝子が関係しているのですね。

データをだけをみると、最もG対立遺伝子を持つのはアフリカ系アメリカ人!

データだけをみると、最もG対立遺伝子を持つのはアフリカ系アメリカ人で、割合はG対立遺伝子がなんと約100%になっています。

データだけでいえば、体臭が強くなるのもアフリカ系アメリカ人ということになりますが・・・そこは個人差もあるところです。

逆に同じアジアでも韓国人はA対立遺伝子が約100%なので、ほぼ体臭がないと言えます。

が、そこももちろん、個人差があるということです。

※参考チャート

noodorjp_sub2

食べ物にも左右される!?

遺伝子によって体臭が強いか弱いかは決まる部分ももちろんありますが、幼い頃からの食習慣も体臭には影響します。

例えば、遺伝子上体臭のほぼない韓国人ですが、体臭としてキムチの臭いがすることがあります。

また、インド系でカレーを幼い頃からよく食べる人はカレーの臭いがします。

(私の実体験にも基づいています。)

中国人は油の臭いがするということもあれば、日本人は醤油臭いと言われることもあります。

これはあくまで仮設ですが、その国の国民食と呼ばれるものが、遺伝子とは関係なく、体臭に関係してくるのかもしれませんね。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.04.11

Translate »