日本の不思議!日本はなぜ4月が入学時期なの?


yjimage9X2F4EBG

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今週は入学式や入園式があった方も多いのではないかと思います。

ちょうど桜の時期と一緒になり、良い式になったことと思います。

しかし・・・海外では”夏休み明けの9月に入学の時期を迎える”というところが多いですよね?

なぜ日本は4月入園なのでしょう?

今日はその謎に迫ります!

スポンサーリンク

かつては日本も9月入園だった!?

実は、かつては日本も9月入園だったのです!

さかのぼること江戸時代。

当時の寺子屋や私塾では、特に入学時期が決まっておらず、いつでも入学することができました。 

明治時代になると、欧米の教育が導入されるようになったことで、高等教育では9月入学が一時主流となりました。

その後、国の経済力を強めて軍備を増強する富国強兵政策により、政府の会計年度が4月~3月となったことなどで、小学校や師範学校の入学も4月に合わせるようになりました。

大正時代には高校や大学の入学も4月となり、現在では学校教育法施行規則で、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学いずれも「学年は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる」と規定されています。

日本が4月はじまりになったのは、富国強兵政策が影響していたのですね。

各国の入学時期はいつ頃?

9月はじまりの国が多いとはいえ、世界には他の時期に入学時期を迎える国もあります。

そこで!今日は世界の入学時を一挙ご紹介!

☆世界の国の入学時期☆

1月=シンガポール 
1月末~2月初め:オーストラリア、ニュージーランド 
3月:韓国(春休み明け) 
4月:日本、パナマ 
5月:タイ
6月:フィリピン 
9月:アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国    など

4月や9月だけでなく、1月や2月、5月など、様々な入学時期があるのですね!

まとめ

いかがでしたか?

世界には様々な入学時期がありますが、その多くは夏休み明けになるところが多いようです。

1月末~2月初めに入学式を行うオーストラリアやシンガポールは南半球のため、月だけをみると中途半端に思えますが、夏休み明けとなっており、タイやシンガポールなどの常夏の国ではやはり、一番長い休み明けに入学式を行っています。

入学の時期ひとつとっても、国によって様々な違いがあって面白いですね。

国によってこんなに違いがあると、もしかしたら転勤や移住の際には子どもの学年を数えるのに少々苦労するかも!?しれませんね。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 2016.04.08

Translate »