4月1日の謎!なぜこの日は嘘をついてもいいのか?


yjimage1SNPQ8FX

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今日、4月1日は何の日かご存知ですか?

・・・そう!エイプリルフールです!

この日は”嘘をついても良い日”となっていますが、いったいなぜこのような日が出来たのでしょう?

スポンサーリンク

エイプリルフールには起源がない!?

実は、エイプリルフールには”起源”というものがないのです。

今も、いつ、どこでエイプリルフールの習慣が始まったか、まったくわかっていません。

起源が分からない行事もあるなんて驚きですよね!

しかし、仮説として伝えられている起源がありますので、ご紹介します。

エイプリルフールには悲しい起源の仮説がある!

仮説として伝えられているものは以下の通りです。

『その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していた。

しかし、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。

これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。

しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。

処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。

フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。

これがエイプリルフールの始まりである。

そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。

その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった。』

※出典:Wikipedia

確証がえられていないとはいえ、こんな起源説があったのですね。

フランスでは『4月の魚の日』!?

そんなエイプリルフール、日本では”4月馬鹿”などとも呼ばれますが、フランスでは『Poisson d’avril(プワソン・ダヴリル)=4月の魚』と呼ばれています。

これは、子ども達が紙に書いた魚の絵を、人の背中にこっそり張り付けるいたずらをする習慣からこのように呼ばれています。

また、この『4月の魚』とはサバのことを指すと言われ、ちょうどこの時期にサバがよく釣れるために、このように呼ばれるとされています。

こんな習慣があるなんて面白いですよね!

いくらエイプリルフールとはいえ、嘘をついたりつかれたりするのはいい気分ではない方もいるかと思います。

今年は嘘をつくのではなく、フランス式の可愛いいたずらをしてみませんか?

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.04.01

Translate »