子どもの未来のためにぜひ行ってほしい場所。


yjimage1JFUHTVZ

「子どもたちは国の宝」「未来を担うのは子どもたち」

など、これからを生きる子どもたちは、社会にとってとても大切ですよね。

そんな子どもたちの未来を拓くために、みなさんにぜひ行ってほしい場所があります。

スポンサーリンク

それは・・・選挙!

未来の子どもたちのためにやって欲しいこと・・・それは”選挙へ投票に行くこと”です。

「なぜ選挙?」

と思われたかもしれません。しかし今、子どもたちを取り巻く環境が緊急事態に陥っているのです!

教育資金がますます減っていく!?

みなさんは、日本が教育にどれほどお金をかけているかご存知ですか?

OECD(経済協力開発機構)加盟国34か国の中で、どれだけ教育にお金をかけているかの順位を見ると・・・

なんと日本は最下位!平均6%の中で、わずか3%しか子どもたちの教育にお金をかけていません。

しかも!政府はさらに教育資金を削ろうとしているのです!

これは由々しき事態です!

なぜ教育資金が減らされちゃうの?

ではなぜ教育資金をもっと減らそうという話が出ているのかというと・・・

日本が少子高齢化社会だからです。

もうすでに日本は高齢化社会といっても過言ではないかもしれません。

そして昨今、選挙へ投票に行くのは高齢者の方が多いですよね。

政治家としては当然、自分を支持してくれるよう、高齢者の方に有利な政策をうたう傾向があります。

その影響か?現在政府がかけているお金は・・・

小学校の公立→年間110万円

高齢者→年間1000万円

こんなにも差があるのです!

もちろん、もっと詳細なデータがあるとは思いますが、高齢者の方によりお金をかけているのは事実なようです。

世界は”教育が国にとってとても重要”なことに気付いている!

そんな日本に対して、世界では今後国の発展のためにも、子どもの教育がとても重要なことに気づいています。

そのため、石油国であるサウジアラビアは、50年後には石油がなくなることを見越して、子どもたちの教育に50%ものお金をかけています。

オランダでも20%という高いお金をかけているのです。

そんな中、日本の教育にかけるお金はわずか3%、そしてさらに削ろうとしているという事実・・・

だからこそ、選挙に行こう!

これからの国を支え、未来を担う子どもたち。

そんな子どもたちが、より良い環境で充実した教育を受けられるようになることが、子どもの未来にとって、とても重要なのです。

実はこのお話は、東京インターナショナルスクールを設立し、国際バカロレア(IB)機構アジア太平洋地区委員会の委員でもある坪谷ニュウエル郁子さんからお伺いしたものです。

正直、私も選挙には行かないことが多いのですが、この話を聞いて、”選挙に行くということはとても大事なことなのだな”と感じました。

次回の選挙にはぜひ行きたいと思います!

これからを生きる子どもたちの未来のために、ぜひ清き1票を!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2016.02.17

Translate »