ベジタリアンで健康になるのは難しい!?


08561659d4709a44338ed68002bf4c76959d67fa1397062825

海外の方と接していると以外に多いのが『ベジタリアン』の方。

中でも、『ビーガン』と呼ばれる完全菜食主義者の方が私の周りには多いです。

そこで生まれたふとした疑問・・・

「子どもがベジタリアンだと成長に影響があるのか?」

今日はこのことについてせまります。

スポンサーリンク

ベジタリアンとは?

ベジタリアンとは”野菜ばかり食べる人=菜食主義”・・・と思われがちですが、実はそれはちょっと違うようです。

ベジタリアンの”ベジタ”はベジタブル(野菜)から由来する言葉ではなく、VEGETUS(ラテン語で活気有る・生命力に満ち溢れた)と言う語源から来ています。

そのため、野菜ばかり食べる人=ベジタリアンではなく、ベジタリアンとは”健康で活力のある人”と言う意味なのです。

健康で活力ある人間になるために、身体に悪いとされている肉食を避けている人がベジタリアン。

つまり、肉食をしていなければ、野菜を食べていなくてもベジタリアンです。

ベジタリアンの中には、

・肉類に加え卵・乳製品なども一切食べないビーガン(ピュアベジタリアン)

・植物性食品と卵を食べるオボベジタリアン

・植物性食品と乳製品を食べるラクトベジタリアン

などのタイプがあります。

よく考えられたベジタリアン食は推奨できる!

さて、ベジタリアンの食事は健康そうな反面、それできちんと栄養をとるには意外と難しいと言われています。

アメリカ・カナダの栄養士学会は、「各栄養素の理解ができる、専門の栄養士レベルの知識があるならば推奨できる」と言っています。

なぜなら、野菜などだけでは、ビタミンB12やビタミンD、Ω3系の油等=αリノレン酸、EPA、DHA、などが不足しがちになっていまうからです。

アメリカ・カナダの栄養士学会でも、知識があってもこれらをサプリメントから摂取することを進めています。

ベジタリアンは、健康的に実施するのは意外に難しいのです。

胎児期、乳幼児期、成長期には特に注意!

栄養不足が時には命にも直結する子どもたち。

これらの子どもたちにとっては、ベジタリアンであることは少々考えものかもしれません。

もちろん、きちんと栄養が取れていれば問題ないですが、上記にも記したようにベジタリアンで完全に栄養を取るとなると少々難しい面があるからです。

ベジタリアンで有名なナタリー・ポートマンも、妊娠を機会にベジタリアンを一時中断しています。

成長過程の子どもたちにとっては、バランスよく食べることが体や脳にとってとても大切なのです。

ベジタリアンを強制はしない!

もし親がベジタリアンであっても、子どもが必ずしも同じようになるとは限りません。

親がベジタリアンだからといって、それを子どもに強制するのはよくありません。

子どもには子どもの人生があり、権利があります。

もちろん、食べ物を自ら選ぶ権利も。

もしあなたがベジタリアンなら、子どもの選択を尊重してあげましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

健康そうなベジタリアンですが、それだけで栄養を取るのは意外と難しいこと、成長期の子どもたちには特に注意してあげることなど、

ベジタリアンの意外な話(!?)を少々ご紹介しました。

栄養面は大人になっても気になることですよね。

これから年末年始で暴飲暴食をしてしまう場面もあるかと思いますが、栄養に気を付けて、美味しく、健康に食事を勧めていきましょうね!

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 2015.12.17

Translate »