Swedish Christmas Bazaar 2015!


20151129_131843

11月29日の日曜日、スウェーデン大使館で行われた『Swedish Christmas Bazaar 2015(スウェーデンクリスマスバザー)』に行ってきました!

毎年行われていたものですが、私は初の参加。

スウェーデンの伝統料理や、スウェーデンのクリスマスの様子を体験しに行ってきました!

スポンサーリンク

当日は大盛況!

今年のバザーは”東日本復興チャリティー”という目的もあったので、大盛況という言葉は少し違うかもしれませんが、身動きがとれないくらいのたくさんの人たちで賑わっていました!

20151129_120122

 

 

 

 

 

入場料は500円。

いろんな国の人たちがいて、以前ドイツ・オーストリアに行ったときに尋ねた、「クリスマスマーケット」の雰囲気に似ていました。

スウェーデンの定番『プリンセスケーキ』

誕生日のお祝いや、クリスマスにも食べることがある、スウェーデンの定番のお菓子がこの「プリンセスケーキ」

マジパンや生クリーム、ジャムを使って作られていて、柔らかい触感が特徴です。

20151129_113307

20151129_113421

 

 

 

 

 

1口食べると・・・”あま~い!でも美味しい♡”

あっと言う間に完食してしまいました!

中はこんな感じに詰まってます。→

たくさんの伝統料理!

スウェーデンのマーケットを再現したような露店では、多くの伝統料理の販売が行われていました。

サフランを練りこんだルッセカット(パン)、スウェーデン風ミートボール、ビーツとケッパーの入ったピンク色のハンバーグ、ケーキやクッキー、ホットチョコレートやグリューワインなどなど・・・

どれもとってもおいしそう!

特にミートボールには長蛇の列が出来ていました。

私も列に並んでミートボールを購入。

20151129_124147

 

 

 

←とってもジューシーで美味しかったです!日本人も好きな味だと感じました。

光の女王ルチア

当日はスウェーデンで有名な、『光の女王ルチア』と題して、一足早い「ルチア祭」を行ってくれました。

本来は12月13日に行う「ルチア祭」。

これは、光の象徴、聖女ルチアを祭るスウェーデンオリジナルの祭りです。

早朝、ルチアとお付きの者に扮した若者が町内、会社、学校などを歌いながら訪れます。

今回は、スウェーデン学校に通う子どもたちが歌いながら登場!

20151129_130512

20151129_130357

 

 

 

 

 

「サンタルチア」や「きよしこの夜」をスウェーデン語、英語、日本語で歌ってくれ、その澄んだ歌声にみんな聞き入っていました。

サンタさんもやってきた!

この日はサンタクロースも来てくれ、一緒に写真撮影をすることが出来ました。

また、くじ引きやおもちゃ釣り(?)、ジンジャーブレッドマンに好きなようにアイシング(デコレーション)したり、サンタさんに手紙を書いたりと、子どもたちも大いに楽しんでいました。

20151129_114059

20151129_112406

 

 

 

 

 

 

 

幸運を運ぶ馬、『ダーラナホース』

特に”かわいい!”と感じたのが、スウェーデンでは”幸せを運ぶ馬”とされ、愛されている『ダーラナホース』です。

色合いがとても可愛らしくて、家に飾っておきたいと思いました。

20151129_112519

スウェーデンを満喫した1日!

普段はなかなか入る機会のない大使館。

そこへ入ることができたのもさることながら、スウェーデンの文化を体験することができて、とても楽しいかったです。

特に食文化は見ているだけでも楽しむことができ、大満足でした!

日本にいながら異文化に触れられた1日。

これでまた1つ、視野が広がったかな?

みなさんも、機会があればぜひ、”日本の中の海外”を体験してみて下さいね!

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2015.12.08

Translate »