脱・You Tubeへの取り組み、完結!


illust2367

先日、「子どもがYou Tubeにはまってしまった!どうしたらいいでしょう!?」というお悩み相談を下さった方から、嬉しい最終報告をいただきました!(それに対するアドバイスはこちら→「お悩み相談!子どもがYouTubeにはまっちゃった!どうしたらいいの?」

「You Tubeを完全克服できました!」

その嬉しい報告とは、You Tubeを完全に克服できたということ。

私のつたないアドバイスを聞いて、実践してくれた相談者のお母さま。

”日中は少しずつ、見る時間が減ってきたり、「見たい!」ということはなくなってきたけれど、夜、眠る前にどうしても見てしまう・・・”

という途中報告もいただいていました。

それに対するアドバイスとしては、

・癖になってしまっていること

・眠る前は恐怖を感じることもあり、You Tubeが安心材料になっている(よく特定のぬいぐるみなどを持って寝る子がいますよね?)

など、なぜ夜になると欲するのか、その子なりの理由をお伝えしました。

親の意思も必要!

その方がなぜ、You Tubeをやめて欲しかったのかという理由の一つに、”寝る前にブルーライトの光を浴びるのは良くないから”というものがあります。

これは、大人の睡眠に関しても近年言われていることですよね。

眠る前に、PCや携帯電話を操作すると、脳が覚醒してしまい、質の良い睡眠がとれなくなると・・・

大人でもそうであれば、成長ホルモンを沢山分泌する乳幼児にはもちろん影響大!

ぜひやめてほしい習慣でもありました。

”けれど、親としては泣いている姿を見るとどうしても・・・”

とかわいそうに思ってしまいがち。

ですが、相談者のお母さまは毅然とした態度で対応し、見事、眠る前のYou Tubeも克服することが出来たのでした。

一緒に楽しんで過ごそう♪

以前は、テレビやビデオ、You Tubeを見て過ごすことの多かった時もあったそうですが、相談にきてくれたあとは、”なるべく子どもと一緒にできる遊び”をして過ごすようになった今回の相談者様。

今は日中も一緒に折り紙をしたり、粘土をしたりして過ごされているようです。

テレビなどの一方的なコミュニケーションよりも、双方がコミュニケーションを取りながら過ごすことは、子どもの成長にはとても大切です。

ましてや、大好きな親との時間なら、なおさら充実し、満足する時間が過ごせることでしょう。

嬉しいご報告を下さった相談者様、ありがとうございました!

※せかいくでは育児・幼児教育についてのご相談を承っております。

↓こちらより、お気軽にご相談ください(*^-^*)

育児相談Lady Bird

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »