大人のりんご病にご注意!子どもとは明らかに違うその症状とは?


ringobyou

さて、先週あたりに少々体調を崩し、アデノウイルスかも?とお伝えしていたわたくしですが・・・

ここにきて、ようやくはっきりとした原因がわかりました!それは・・・なんと『りんご病』だったのです!

「え?りんご病って子どもがなるものじゃないの?」と思われた方もいるかと思いますが、実は大人でもかかります。

そして、大人のりんご病は、実にやっかいなのです・・・

スポンサーリンク

大人のりんご病は発見しにくい!

さて、りんご病と聞くと、どんな症状が思いつくでしょうか?

大抵の方が思い浮かぶのは、

ほっぺたが真っ赤になる

・高熱が出る

というようなものではないでしょうか?

子どもでは、ほっぺたが赤くなるということはよく見られますが、大人になると、その症状が見られないこともあるのです!

実際の私の経過でいうと・・・

・微熱が出て、風邪の症状がでる

・頭痛がする

・それらがなくなった後、3日くらい、腕・脚に赤い発疹がお風呂上りに見られる。(しかも痒い)

・さらにそれが収まった後、一週間くらいむくみと関節痛が治らない ←今ここ。そしてりんご病と判明。

というような流れです。

”ほっぺたが赤くなる”ということはありませんでした。

腕や脚にみられた発疹も、そこまでひどくはなく、「風邪ひいていたからかな・・・」くらいにしか思っていませんでした。

このように、ただの風邪や他の病気と思われがちなのが、大人のりんご病なのです。

それがなぜ、再度病院にいくことにしたかというと、今までにない症状が現れたからです。

そしてそれは、子どものりんご病とは明らかに違う点でもあります。

大人だけにある!?りんご病の症状とは・・・

それは・・・「むくみ」と「関節痛」です。

私自身、現在進行形でむくみと関節痛に悩まされています。

日常生活の中でむくんだ経験はあるかと思いますが、それが一週間も続き、膝や足首・足指、さらには手の指や肘にまでむくみと痛さがやってくれば、”これはただことではない!”と思うはず。

私も、”全身のむくみは内臓の病気とも聞くし・・・”という不安から、病院を受診することを決めたのでした。(ちなみにそれ以外に症状はありません。)

そして結果はりんご病。

熱も下がってだいぶ経つので、まさか!と思ったので驚きでしたが、原因が分かってホッとしました。

大人のりんご病はしつこい!

さて、原因が分かってホッとし、すぐに治るだろうと思っていましたが・・・実はりんご病には明確な薬がないのです。(これは子どもも同じです。)

対症療法をすることはできますが、自然に治るのを待つしかないのです。

そして、大人の場合、むくみや関節痛などの症状はひとによって一か月以上かかることも・・・

しかも、その間かゆみがぶり返したり、むくみと関節痛が良くなったり、悪くなったりを繰り返すそうな・・・

・・・この先がとても憂鬱になってきましたが、何事も経験!と思って、早く治ることを祈るしかありません。

ちなみにこのりんご病、子どももそうですが、発疹が出た時点でもう感染力はありませんのでご安心を!

一度かかると二度とかからない?

このように聞いたことはありませんか?

ネットでも、「一度かかると二度とかからない」としているところもあれば、「何度でもかかる」と言っているところもあります。

で、私の結論ですが・・・「何度でもかかる」と思っておいた方がいいと思います。

なぜなら、実際に私も子どもの時にかかりましたが(親に確認済)、大人になった今もかかってしまったからです。

抵抗力の弱い子どもの時にかかれば、大人ではかかりにくいとはいえ、抵抗力が弱っていたりすると、大人でもかかることがあります。

(子どものときに何度もかかる子もいるそうです。)

風邪によく似た症状が現れるこの病気。

「一度かかったからりんご病じゃないね。」と捉えるのではなく、「もしかしたら!?」と疑ってみることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

大人では発見しずらいものですが、妊娠中にかかると、胎児の70%が流産したり、死産になってしまったりする恐ろしい病気でもあります。

子どもと接する仕事をしている方、お子様がいる方、りんご病は春から初夏にかけた、まさに今の季節に流行することが多いです。

ぜひ手洗い・うがいを積極的に行い、気を付けて過ごしてくださいね!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2015.06.30

Translate »