気になるお悩み。子どもの髪の毛が生えなくて・・・


a9e9b104

今回は女の子をもつ親御さんは特に気になる!?お悩みです。

「うちの子3歳になるのにまだ髪の毛が薄くて生えてこないのです・・・」

というご相談をいただきました。

確かに、赤ちゃんの時は”すぐに生えるだろう”と思っていたのに、3歳になっても薄いままだと心配になるかもしれませんね。

では、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

スポンサーリンク

産後すぐの体毛は産毛!

というのはご存知でしたでしょうか?

そこから、早い子だと生後3か月頃から、一般的には1歳前後で産毛は役目を終えて生え変わり始めます

と、言うことは薄い髪の毛も産毛の一種だということ。

後から生えてくる髪の毛はしっかりと作られて生えてきますので、安心してくださいね。

3~4歳頃まではどうなるかわからない、子どもの髪の毛!

子どもの髪質は実はころころ変わります。

産まれた時はくせっ毛だと思っていたのに、生え変わって髪の毛はストレートだったり、髪の毛が多いと思っていたのに、意外と少なかったり・・・

つまり、完全に髪の毛が生え変わるまでは、髪質・体質についてはなんともいえないということ。

髪の毛がきちんと生え変わるのは3~4歳前後とされていますので、3歳になったからといって、焦らなくても大丈夫です。

もう少し様子を見てみましょう。

また、良く寝る赤ちゃんや、背中でずり這いする赤ちゃんだと後頭部の髪がこすれて薄くなってしまうことがあります。

しかし、これも気にしなくても大丈夫です。

立って歩くようになり、寝ている時間が減ってくれば、薄くなった髪の毛もきちんと生えてきますので安心して下さいね。

坊主にすると毛が生えてくる!?

こんなことを聞いたことはありませんか?

信じている方も結構いらっしゃるように感じますが、実はこれは「迷信」。

これは単に、坊主にすることで髪が目立たなくなり、そうこうしている内に強い髪が生える時期に差し掛かるだけのことです。

皮膚の弱い赤ちゃんを坊主にすることは、皮膚に傷を作り、ばい菌を入りやすくさせてしまうなど、危険が伴いますので、行わないようにしましょう。

まとめ。髪が薄いからこそのメリットも!

いかがでしたか?

なかなか生えてこないと心配になるかもしれませんが、必ずしっかりした髪の毛が生えてくる時期がやってきます。

私たち大人も、季節の変わり目にはたくさん髪の毛が抜けるかと思いますが、きちんと生えてきますよね。

焦らず、気長に待ってあげましょう。

また、髪が薄いとこんなメリットもあります

・髪が薄いとあせもになりにくい

・髪を洗う手間がかからない

・抜け毛が少ない

などなど。

また、たくさん写真をとって、髪の毛の変化(?)を楽しんでいる方もいらっしゃいます。

悩むよりは、楽しんで過ごしましょう!

それでもどうしても生えてこない時は、先天性乏毛症(せんてんせいぼうもうしょう)または、無毛症(むもうしょう)かもしれません。

その時は、医療機関を受診して下さいね。

先天性乏毛症、無毛症については、明日ご紹介いたします。

 

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 2015.06.26

Translate »