抱きしめるということ。~幼児期から青年期まで影響する心の発達~


私の知り合いに高校で教師をしている方がいます。その方が働いているのは中学で不登校になってしまったり、病気になり、高校を卒業することが難しかったりという方々が通われている高校なのですが、その方とのお話の中で、とても大切なことに気づきを得ました。

私は乳幼児のころからたくさんコミュニケーションをとることが大切ですよ!といつも伝えています。幼児教育者として働いている時も、子どもたちとはなるべくたくさんスキンシップをとるようにしています。しかし、幼稚園を卒園してしまうと、その後の子どもたちがどのように成長し、どのような大人になっていくのか、その過程を見ることは出来ません。

そこがもどかしくもあり、どのように育っていくのか見えないからこそ乳幼児期にどんな風に接していけばよいのか?とあれこれ複雑に考えもするのですが、ある時その高校教師の方から、「幼児期に愛情をもらえなかった子は、高校生になっても愛情を求める」という事実を教えていただきました。

具体的に言えば、「いつもベタベタと引っ付いて甘えてくる。抱きしめると、とても喜ぶ」のだそうです。

それを聞いて私はハッしました。

絵本を読んであげること、一緒にお風呂に入ること、一緒に食事をしながら話をすること・・・などなど、どれも大切なことですし、ぜひやってほしいことです。が、それをやろうやろうと、忙しい中から必死に時間を作っても、事務的にやってしまっては本末転倒です。子どもにとって何の意味もないだけではなく、むしろ子どもの方が親の負担を考えて遠慮してしまうようになるでしょう。

それよりも、”何も考えずにただぎゅーっと抱きしめてあげる”それだけで良いのだと思います。

抱きしめるだけならいつでもどこでも出来ます。言葉もいりません。一日1回でもいい。ただ、”あなたのことを愛しているよ”と抱きしめることで、全身でメッセージを送るのです。

抱きしめることは、”そのままのあなたをまるごと愛しているよ”というメッセージです。

自分が愛させていることを乳幼児期に実感した子は心身ともに自信に溢れ、健やかに育ちます。

私は少し難しくあれこれと考えすぎていた部分があるのかもしれません。私と同じように子どもを愛し、あれこれやってあげたいけれどすべてなんて出来ない!と思い、知らず知らずのうちにストレスを溜めていらっしゃる保護者のみなさま。

難しく考えなくても良いのです。ただ、目の前にいる子を抱きしめてあげて下さい。それだけで、十分あなたの愛情はお子さんに伝わりますよ。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 専門家コラム 2015.01.22

Translate »