新年のお楽しみ!お年玉♡


あけましておめでとうございます!2015年、皆さまどのようにお過ごしでしょうか?私はお正月にかこつけてだらだら過ごしております笑

さて、お正月といえば子どもたちにとっては楽しみ、大人にとっては”いくらあげればいいの?”と困惑する!?習慣、『お年玉』がありますね。

そもそもお年玉はどこから来ているのかご存じですか?

お年玉とは本来『お年魂』と良い、正月に神様に餅を供え、その餅を年少者に分け与え、食べることで歳を重ねる=その年の魂をいただけると考えられ、行われていたことに由来しています。

昔は年少者が無事に大人になることは難しかったため、神様から魂をいただくことで、無事に一年を過ごせると考えられていたのでしょう。

その習慣が江戸時代後期には餅が金銭に変わり、現在も受け継がれているのです。

さて、そんなありがたい風習のお年玉ですが、海外にも同じような風習はあるのでしょうか?

結論としては・・・これは”神事”からきているようですので、キリスト教の多い国やアメリカ・ヨーロッパなどでは行われていません。

逆に日本と風習の近い中国や韓国、台湾などでは似たようなものがあるようです。画像付きの面白いリンクを見つけましたのでご紹介します。

http://matome.naver.jp/odai/2138862938942556001

大人も貰えるお年玉があること、そして真っ赤な袋は新鮮ですね!

大人になると少し困惑するかもしれない風習ですが、”子どもが健やかに育ちますように・・・”という願いが込められている”お年玉”。

ぜひ年に一度の子どもたちのお楽しみを奪わないためにも(!?)、日本の美しい伝統をなくさないでいきたいですね。

2015年、せかいくでは育児相談や出張保育に加え、まずは日本で、異文化体験セミナーや国際交流会を行い、世界に興味を持ってもらえるようなイベントを多数開催予定です。

その後、実際に海外の幼稚園や保育園に体験留学に行ったり、現地の人と交流したりしながら、本場の文化・言語・子育て論を肌で感じてもらいたいと思っています。

まだまだ未熟者ではありますが、たくさんの応援をもとに頑張っていきたいと思います。

2015年もせかいく、ワールドkidsプロデューサーMASAMIをどうぞよろしくお願い致します!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2015.01.01

Translate »