DSC00842

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたの世界をつなげる専門家』、ワールドLifeプロデューサーのMasamiです。

突然ですが、私は子どもに”お受験”をさせることにはどちらかというと否定的。

なぜなら、これからは学歴ではなく、”人間力”を持った人が活躍する時代であり、どんなに勉学が出来たとしても、この人間力が育っていなければ20年後の世界で活躍することが難しいからです。

そしてその人間力は、乳幼児期の頃から格段に育ってくる。

その時期に机にかじりついて勉強させることは、将来の子どもにとってマイナスだとすら思っています。

けれど、最近ひょんなことから、”お受験”をメインとする塾の経営者の方にお会いして、話を聞くことが出来ました。

子どもに”お受験”をさせる意味。

DSC00193

子どもにお受験をさせようという家庭の中には、

・エスカレーターで楽に進学できるようにしたい

・有名学校に入って欲しい

という学歴重視の方もいらっしゃるようですが、その塾に通われている方には、

『子どもにこんな風に育ってほしい。

そのためには、うちの子にはどこが一番合うのか?』

という目線でお受験を選択してほしいと伝えているのだそうです。

「都内にたくさんある学校の中で、”子どもの将来の姿”と”子どもの性格”に合った学校を選び、受験するというのが、本来の受験の意味。」

だと塾長は言います。

「子どもは3歳までに、人間の核となる原点が出来る。それまでに、どのように関わるかは非常に大切。

そのあとは、周りにどのような人間がいるかで育つものが違ってくる。

だから、より良い環境を選ぶ、用意するためにお受験をする。」

この言葉に、私はお受験を受ける本当の意味を知ったような気がしました。

子どもはもちろん、親がリラックスして通えるところが一番。

yjimageYT6KKNCW

そして子どものお受験には、子どもだけではなく、

「親である自分が、リラックスしてその園に関わり、成長することが出来るか?」

という目線が重要なのだそう。

受験には、子どもがその園に合うかではなく、”親がこの園合うな、居心地がいいな”と感じるところに行くべきなのだそうです。そうすれば、

「子どもは自然な姿でOK。

変に作られたロボットはいらない」

のです。

入園・入学してからの子ども、親の姿を想像する。

yjimagem42717t6

お受験先を選ぶ時には、親子で入園・入学後の姿を想像してみてください。

想像してみて、”親も子も活き活きと過ごすことが出来るかどうか”という目線で受験先を選ぶ。

”親も子も活き活きと過ごすことが出来る場所を選ぶことが大切”というのは、お受験をしなくても同じこと。

今回の対談で、お受験に対する変なイメージを取ることが出来ました。

受験しようがしまいが、「活き活きと過ごせる環境を選ぶこと」を忘れないようにしてくださいね。

子ども&あなたの可能性は無限大!