DSC00193

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

「子どもの自立には自己責任をもたせよう!」

なんて言葉、よく聞きますよね。

では、子どもの才能を伸ばすには、自己責任っていつからスタートさせたらいいのでしょう?

自己責任、スタートはいつから?

yjimage7SLLCLLD

”自己責任”って聞くと、なんだかとても重いような感じがしますよね。

でも実は、何歳からでも(0歳からでも!)スタートすることが出来るのです。

例えば・・・

・出したおもちゃを片付ける

・失くしたものは自分で探す

・自分の荷物は自分で持つ

などです。

要するに、「自分のことはなるべく自分でやらせる(ようにさりげなくしむける)」ということが自己責任のスタートなのです。

自分で電話をかけてくるAちゃん。

yjimagejvp8czln

実際、私が幼稚園に勤めていたころ、こんなことがありました。

幼稚園では毎週金曜日に、上履きなどの荷物を持ち帰ります。

そして、私の園ではバス通園があったので、バスで登降園しているAちゃん(3歳・年少さん)がいました。

ある金曜日の夕方、園に電話がかかってきました。

「まさみ先生いますか?」

私に電話をかけてきたのはAちゃん本人でした。

「どうしたの?」

と聞くと、

「上履きがない。バスに忘れてきてしまったかもしれないので、探してください。」

と、いうような答えが返ってきました。

確かに、Aちゃんはその日、バスに上履きを忘れて帰ってしまい、上履きは私の手元にありました。

「大丈夫。上履きはちゃんとあったよ。」

と私がいうと、

「良かった。ありがとうございます。今から取りに行きます。」

という返事でした。

さて、この話を聞いてあなたはどう思うでしょうか?

”子どもに直接電話をさせるなんて!”

と思いますか?

でもね・・・これが自己責任、つまり、子どもを信頼してるっていう証でもあるのです。

自己責任=子どもを信じること!

yjimage6

Aちゃんのご家族は、「私たちが何もしないから~」と謙遜していましたが、いつも愛情いっぱい溢れるご家族です。

園行事にも積極的に手伝いなどをかってでてくれます。

そして、Aちゃんのご家族は、自分の子どもたちをとっても信頼しています。(Aちゃんは3人姉妹です。)

園のものが見あたらなくなったら、子どもたち本人に園に電話をするように言う。

それも、子どもたちなら自分で出来るって信じているからです

良い意味で、子どもではなく1人の人間として接しているのです。

親から信頼してもらっている子どもはとっても強いです。

才能や可能性もグングン伸びていきます。

子どもって、大人の私たちが考えるより、よっぽどたくさんのことを自分たちで出来るのです。

それを奪ってしまう=才能を見逃してしまうことにも繋がります。

いきなり大きなことでなくても良い。

少しづつで良いから、子どもの持つ力を信じて、自己責任をスタートさせてみませんか?

子ども&あなたの可能性は無限大!

※「うちの子の才能・強みってなに?」「才能や可能性を伸ばしたい!」→子どもの”真の”才能発掘コンサルティング