DSC00386

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、ワールドLifeプロデューサーのMasamiです。

先週、嬉しいことにハンガリーの方との出会いがありました。

ハンガリーの教育や子育てについてお話させていただいたのですが、ハンガリーの教育の変化が実に面白い!

まるで日本を見ているようで・・・

ハンガリーの教育はかつてのドイツ式!選択の自由がない!?

e1424904510146_1

ハンガリーは中央ヨーロッパの国。

以前は東側に属しており、教育もドイツ式でした。

ドイツ式の教育はどんなものかというと・・・

「とにかく、ぜーんぶの科目を学習する。

選択科目などない。

すべて暗記、すべて学ぶ。」

というものです。

日本でも、高校生くらいになると、自分で理系に行くか文系に行くか選択することが出来ますよね?

けれど、ハンガリーではそのような選択がなく、すべての科目を学習していたのだそうです。

ドイツ式からアメリカ式へ。その弊害とは・・・

yjimage937bvtxi

けれど、ドイツ式の学習方法を取り入れていたのは20年くらい前の話。

最近では、

”すべての科目を学習させるのは子どもの負担になる”

という考えから、アメリカ式の学習法を取り入れ、自分たちで好きな科目を選び、プロジェクトを行うなどの学習を行っているのだそうです。

すると、どんなことが起ったのかというと・・・

なんと、子どもたちの学力が下がってしまったのです!

そして、科目を選択することにより、”出来るものと出来ないもの”が出来てしまい、偏りが生まれてしまったのだそうです。

確かに、日本でも文系を選んだら文系の道(就職も含め)へ進む方が多いですよね。

また、文系か理系、どちらかを選択しなくてはいけない部分があると、やりたいことの幅が狭まってしまいます。

ドイツ式教育を経験してきたハンガリーの知人は、

「確かに大変な面もあったけれど、すべての科目を学習することで、文系も理系もすべて学ぶことが出来た。

とてもバランスよく成長することができ、(職などの)選択肢の幅が広がっているので、この教育に感謝している。」

と言っていました。

(確かに、私も文系、理系、どちらかを選ばなくてはならず、今現在理系がさっぱり分からず、今現在苦労しているという、偏った人間です・・・)

これからは”理系+文系タイプ”が生き残る!

yjimage7ic2259x

そんな、なるほど話を知人から聞いたあと、こんな記事を見つけました。↓

「10年後に生き残る 理系+文系発想」

これは2014年に書かれた記事ですが、ここでこの記事に出会うのも、ご縁。

”理系の専門知識と、文系の発想力が融合した能力こそが、10年後最も必要とされるのだ。”

という記事の一説には納得でした。(個人的には逆でも良いのではと思うのですが。)

今の子どもたちは私たちが考えもつかなかった職に就く時代。

そんな時代を生きるためには、文系か理系、どちらかに偏るのではなく、どちらもこなせるオールマイティーになることが、未知数な時代を生き抜くコツになるのです。

バランスの良い成長を心がけていきましょう!

子ども&あなたの可能性は無限大!