おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

あなたは”自分”をどんな人間だと思っていますか?

”自分は何者か?”

を知っているということは、実はとっても強いことなのです!

私っていったい、何者?

就職活動などでよく使う”自己分析”。

自分の得意なこと、好きなこと、趣味、これまでの活動・・・

などなど、様々なことについて自分を振り返っていきますよね。

けれど、

「私っていったい、何者なんだろう?」

と考えるときには、もっとふか~いところから、自己分析をするとGood。

例えば、

・自分はどこの国で生まれ育ったか?

・自分は何人なのか?

・その国の人として誇りを持っているか?

など。

実は、この3つをしっかりと分かっている(持っている)ことは、グローバルにおいてとっても重要なのです。

自国が大好きな外国人。

なぜなら、外国人は自分の国を誇りに思っている人が多いから。

もちろん、相手の国も尊重するけれど、基本的に自国がNo.1だと思っている人たちが多いです。

俳優の渡辺謙さんをご存知ですか?

渡辺さんは、海外で全編英語のミュージカルをやるなど、海外でも活躍している俳優さんですよね。

その渡辺さんも、

「海外の人は自国が一番だと思っている人たちが多い」

という旨の発言をしています。

自国が大好きだからこそ、自己肯定感や自分軸をしっかりと持っている。

海外の人がなぜあんなにもはっきりと自信満々に、堂々と自分の意見を言うのか。

その根底には、

「自分の国に誇りを持っている=自分にも誇りを持っている」

という想いがあるからだと私は考えています。

もちろん、植民地にされたり、国が広がったり分裂したりという歴史を持っているので、その中で”自国”に対する想いが強くなってきたということや、しっかりと意見を伝えなくてはやっていけないというような要素もあるでしょう。

しかし、

『この国に生まれた自分を誇りに思う』

という感覚が、自己肯定感や自分軸をしっかりと形成し、自信に満ち溢れた言動へと繋がっているのです。

日本人は、”日本のことを誇りに思う”と公に言う人ってあまりいないですよね。

そのため、自信のなさが垣間見え、世界からみると、”なんだか頼りない人”に見えてしまうのです。

根底からの自信があると、才能はどんどん活かせる。

「私は日本人である!」

という根底からの自信。

これがあるのとないのでは、グローバルで活躍するときに大きな差がでます。

人間、根底からの沸きあがる自信があると、臆することなく才能を活かすことができるからです。

けれど、この根底からの自信は一朝一夕で身に付けられるものではありません。

だからこそ、子どもの時から日本人としての誇り(文化や風習を含め)を身に付けさせておくことが重要なのです。

インターナショナルスクールで、そのあたりをしっかりと身につけさせてあげることが出来るか?

英語教育ではそのあたりも含めて検討してみてくださいね。

子ども&あなたの可能性は無限大!