子どもは親の鏡です!


今日はタイトルにもあるように、『子どもは親の鏡』だということが、如実にわかるお話をひとつ。私のご友人のお話です。

その方は子どもは子どもらしく、のびのびとした幼少時代を送ってほしい!という思いを持って子育てをしていらした方でした。

英語はいっさい教えてこなかったそうですが、現在、お子さんは英語がすごく得意だそうです。(現在は高校生です。)

それはなぜなのか?

…ずばり、親御さんが楽しんで英語(フランス語も!)を勉強しておられるからです!!

その姿をみて、自分も外国語に興味を持ったのではないでしょうか。

子どもは自分の意に反して親からやりなさい!と言われたことは楽しくありません。

でも、親が楽しんで取り組んでいる姿を見ると、“楽しそうだな、自分もやってみたいな、真似したいな”という思いが生まれます。

それはなぜかって、子どもは真似をするのが好きなのと、何より親が大好きだからです!!

親×真似=大好きなこと!

子どもにとって、これが組合わさっているものをやらない手はありません笑

でも、これは悪いことにも当てはまるので要注意!
親がマナーが悪ければ、子どももマナーが悪くなります。

子どもはどんな些細なこともぜ~んぶ見ていますよ笑

“こんな子に育って欲しい!”という思いがあるならば、まずは親が“そんな自分”になる努力をしましょう。

子どもは親の姿を見て学ぶのですから。

まさに、子どもは親の鏡です!

とっても素敵な鏡になるように、自分自身もピカピカに磨きましょう(*^^*)♡

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2015.02.24

次の記事 イイコ症候群。
Translate »