実は大事な子どもの歯。最終回~歯の先進国に学ぼう!~


さて、歯についてのシリーズも今日で最終回です。
最終回の今日は、予防歯科の先進国であるスウェーデンやフィンランドの虫歯対策についてご紹介したいと思います。

予防歯科であるスウェーデンやフィンランドも、以前は虫歯大国でした。
そこで、国をあげて虫歯対策を行っていくため、『予防歯科』を国家の一大プロジェクトにしたのです!

すると、なんと70歳で残っている自分の歯の平均が、約21本という素晴らしい結果を出すことに成功しました。

親知らずを抜くと、大人の歯は全部で28本ということを考えるとすごいですよね。
※ちなみに日本人は約16.5本です。

では、具体的に何をしているかというと…

デンタルフロスやデンタルリンスです!

スウェーデンの人たちは、歯磨きの他に上記のものを使ってオーラルケアをするのが当たり前だと思っている割合が日本より高く、実際に行っている人の割合も多いのです。

また、歯医者に対する意識も違います。

日本では、歯医者は何となく嫌なイメージではありませんか?
怖い、痛い…などの思いを持つ方も少なくないと思います。

けれど、スウェーデンでは、歯医者は“頼れる存在”です。

子どもの歯みがきについて、出産前から指導を受けたり、乳児でも、歯が生え始める頃からオーラルケアチェックをすることが義務づけられています。

子どもにとっては“治療”するために行く場所ではなく、“歯について楽しく学べる場”となるため、痛い・怖いというイメージはありません。

このような取り組みが盛んなことも、70歳になってもほぼ、自分の歯で生活できる要因の1つなのでしょう。

また、フィンランドでは上記の対策の他にもフッ素やキシリトールを使用しています。
小学1年生の時には、年に2回ほど、歯についての授業があるそうです。

このように、2ヵ国とも、とてもオーラルケアに力を入れていることがわかります。

日本では、まだまだ意識は高くない、予防歯科(=オーラルケア)。

大人になってからだと慣れるまで面倒だ…と思うかもしれませんが、子どもの頃から行っていると、それが習慣になり、苦にはなりません。

定期的な歯医者への検診と、歯ブラシ+フロスなどで、口の中の環境を整え、70歳、80歳になっても自分の歯で過ごせるようにしていきましょう!!

以上で歯のシリーズは終了です。
長きに渡り、お付き合い下さいましてありがとうございました!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2015.02.03

Translate »