実は大事な子どもの歯その3~歯磨きマメ知識~


さて、歯のシリーズ第3弾の今日は歯磨きマメ知識についてです。

食後に欠かせない歯磨き。
しかし、子どもは嫌がって磨きたがらないことってありませんか?
そんなときはどうしても『磨きなさい!』などと怒ってしまいがち。

でも、歯磨きにも小さい頃からの親子のスキンシップが必要になってくるのです!

今日はまず、歯磨きのマメ知識についていくつかご紹介します。

●歯磨きは、最初の歯が生えてきた生後6ヵ月ごろからスタートするのが目安。
この時期は間食も少なく、唾液も十分にでているため、唾液の自浄作用で歯はきれいな状態ですので、磨くというよりは歯ブラシに“慣れさせる”という感覚で、ゆったりと行いましょう。

●親が行う“仕上げみがき”と子どもが自分で行う“自分みがき”は平行して行うのが基本です。
まずは、親が見本を見せて、真似をしてもらうところから始めましょう。
親が、しあげ磨きをしてあげている間にも、子どものMy歯ブラシを握らせてあげると、自分で歯を磨くことを意識していきます。
My歯ブラシに慣れていると、自分みがきへの以降も難しくはありません。

●顔や口を触られることは、本能的に嫌がることの1つです。
歯磨きの時には楽しい雰囲気を作り、たくさん褒めて、歯磨きって楽しい!という印象をつけましょう。
毎日同じ瞬間に行い、習慣づけるのも忘れずに。
※眠いときは疲れているときには無理強いしないようにしましょう。

●歯磨きは1日2回行うと良いですが、最初は1日に1回でもOkです。

●子どもの歯や歯茎は柔らかく、痛みを感じやすいものです。奥から順番に磨き、一番敏感な上の前歯は最後に行いましょう。
※自分の爪を使って練習してみると、力を入れすぎずに磨くコツをつかめますよ(*^^*)

一番重要なのはやはり、子どもが“楽しい!”と感じられること。
あんまりゴシゴシやられたり、怒られてばかりだと楽しくないので、歯磨き嫌いになってしまいますよね。

また、上記で顔や口を触られるのは嫌なことの1つとお伝えしました。
では、嫌がらずに触らせてもらえるようにするにはどうするか…
それは、親子でのスキンシップ=遊びの中にヒントがあるのです!

それはまた次回、お伝えします(*´∀`)
今日もご訪問、ありがとうございました!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2015.02.01

Translate »